グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま

呼吸器外来

肺がん、COPD(肺気腫・慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患)、肺炎などの、私たちの生命をおびやかす呼吸器疾患の早期診断や予防を目指し、とくに、以下の3項目について推奨し積極的に取り組みます。

  1. 医師の処方とアドバイスを受けながら、より確かな方法によって禁煙すること。
  2. 50歳以上の方や、喫煙指数(1日のタバコの本数×年数)が高い方に対する、低線量CTによる肺がん検診。
  3. 65歳以上の方や持病がある方に対する、肺炎球菌ワクチンの予防接種。

診療内容

  • 人間ドック・健康診断・肺がん検診後の再検査及び精密検査
    (他院で人間ドック・健康診断を受診された方も診療いたします)
  • 肺炎球菌ワクチン予防接種
  • 低線量CTによる肺がん検診(検査日は随時、予約制)
  • 肺がん・COPD検診(検査日は随時、予約制)

肺がん・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・肺炎

肺がん

肺がんは2008年には、すべてのがんによる死亡者数の中で第1位になっています。
(男性48,610人、女性18,239人、計66,849人)
わが国では長年、胸部レントゲンやたんの細胞検査による肺がん検診がおこなわれてきましたが、肺がん全体の5年生存率は20%程度であり、「見つかりにくい」「治りにくい」がんの代表になっています。
肺がんの発生率を減らしたり早期に発見するためには、
  1. 禁煙すること
  2. 喫煙者や50歳以上の高齢者など、リスクの高い人に対する放射線被ばくの少ない低線量CT検査が有効
と考えられています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPD(肺気腫・慢性気管支炎など)も肺がん同様のタバコ病で、日本人の死亡原因の第10位(男性は第7位)まで増加してきました。
統計によると年間の死亡者数は約13,000人ですが、患者は500万人以上ともいわれており、早期診断・治療や肺炎・インフルエンザなどの感染予防が重要とされています。
COPDの予防や診断には、
  1. 禁煙すること
  2. 肺機能検査や胸部レントゲン
  3. 初期病変の発見のためにはCT検査
が有効です。

肺炎

肺炎は、最もよく知られた病気の1つですが、近年でも死亡原因の第4位
→さまざまな細菌・かび・ウイルスなどが原因になりますが、代表的な細菌として「肺炎球菌」があります。この肺炎球菌性の肺炎は、肺炎全体の4割を占め、しばしば命にかかわる重症肺炎をきたします。しかし、この細菌に対しては有効なワクチンがあり、その高い予防効果が証明されています。
肺炎の予防には、
  1. 禁煙すること
  2. さまざまな生活習慣病の予防や管理された治療
  3. 肺炎球菌ワクチンの予防接種
が有効です。
ちなみに、交通事故による死亡者は、2009年には5,000人を切っています。

担当医師

診療部長 影山善彦(かげやま よしひこ)

【主な専門領域・認定】
  • 医学博士
  • 呼吸器外科専門医
  • がん治療認定医・暫定教育医
  • がん検診認定医・評議員
  • 肺がんCT検診認定医師
  • 世界肺癌学会(IASLC)正会員
  • 日本医師会認定産業医
  • 人間ドック認定医
  • 人間ドック健診情報管理指導士(人間ドックアドバイザー)

参考サイト

肺炎予防.jp (別ウィンドウで開きます)

ご予約・お問い合わせ

聖隷健康サポートセンターShizuoka 外来
〒422-8006 静岡県静岡市駿河区曲金6丁目8番5-2号
電話:054-280-6222(直通)
受付時間(祝日を除く):
月曜日~金曜日 8時30分~17時00分/土曜日 8時30分~12時00分