グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > 聖隷予防検診センター  > 放射線課職場紹介  > 職場長挨拶と放射線課理念

職場長挨拶と放射線課理念

職場長挨拶

 放射線課では、聖隷放射線部門のテーマである「Respect」を筆頭に、「Communication」「Support」「Visualization」、さらに2019年度からは、働き方改革関連法の施行に伴い、職場内でも業務の効率化が重要であると考え、「Share」を掲げました。引き続き、職場はもとより、他職種と連携しながら業務を進めることができるよう取り組みを推進して参ります。
 全衛連や各種学会などの外部団体からの評価を受けること、学会発表・資格取得を推進することにより、知識・撮影技術の向上にも努めています。
 また、事業部によるISO27001の取得に伴い、業務改善、医療安全における質の担保についても推進をしていきます。
 これからも地域の皆さまから選ばれ続ける保健事業、放射線業務が遂行できるよう、事業部理念をもとに最善を尽くして参ります。

聖隷予防検診センター /地域・企業健診センター 放射線課 小林 秀行

聖隷福祉事業団 保健事業部 放射線技師 理念

私たちは、医療人、科学者として資質(知識、技術、態度)向上に努め、利用者に最大限のサービスを提供します。

2019年度 聖隷福祉事業団 保健事業部 放射線課 テーマ

聖隷予防検診センターの放射線課では、各種撮影および画像診断を担当しています。
人間ドック、健康診断及び検診車による巡回健診を行っています。
スタッフは、放射線技師46名(男性22名、女性24名)、事務職員2名の組織で運営しています。