グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま

トピックス

2019年11月24日 ソフティバレーボール大会に参加しました!

岐阜医療科学大学 可児キャンパスで、東海4県放射線技師親睦会として、ソフティバレーボール大会に参加しました。
聖隷予防検診センターからは5名参加し、静岡県代表として2チームにわかれて試合に臨みました。
その内、聖隷予防検診センターの2名が所属する静岡Bチームが見事優勝!
程よい筋肉痛が残りながらも、普段の運動不足を解消することができ、楽しい時間を過ごすことができました。

ソフティバレーボールについてはこちら↓
http://gifu-sns.sakura.ne.jp/softy/

トーナメント表

バレー試合風景

優勝した静岡Bチームのメンバー

静岡県代表チームメンバー

2019年11月8日、9日 第29回 日本乳癌検診学会学術総会に参加しました

検診学会ということで、日々の業務で役立つことや、利用者様目線での考え方等、多くを学ぶことができました。
聖隷予防検診センターからは、2年目のスタッフが乳腺密度解析ソフトについて発表しました。
今回の発表や学んだ知識を活かし、さらに研究を進めていきたいと思います。
今年は福井県での開催だったため、学会後にみんなで蟹を食べました。
また、他施設の方との交流や学生時代にお世話になった先生ともお話ができ、とても楽しかったです!

学会で発表したスタッフ

学会後に食べた蟹

2019年11月2日 聖隷クリストファー大学学園祭「聖灯祭」にて、がん検診のPRを行いました

聖隷予防検診センターのスタッフと大学生の有志が協力し、婦人科検診啓発ブースの展示を行いました。
放射線課は、乳がん検診の啓発を担当し、乳がん触診モデルの展示やブレスト・アウェアネス(※)、自己触診の方法についてお話をしました。久しぶりの学園祭の雰囲気がとても楽しかったです!

婦人科検診啓発ブース

※ブレスト・アウェアネス…自分の乳房に関心を持つこと。

蓄電池による検診車を新たに導入しました

2019年7月、胸部検診車として初めての蓄電池車両を導入しました。
従来は、燃料を使用した発動発電機を搭載していたため、二酸化炭素を排出しておりましたが、電力供給を蓄電池へ変更することにより、撮影の際には排気ガスを出すことなく、検診を行うことができるようになりました。
車両も従来の4tトラックを改造した車両から、マイクロバスを改造したものに変更することで、よりコンパクトな車両となりました。今後、自治会館など狭い場所での検診会場においても対応が可能となります。

(公社)全国労働衛生団体連合会による胃X線検査精度管理調査にて評価Aを取得!

2018年度より、胃X線検査精度管理調査が新たに始まり、当センターでは撮影技術・読影技術を合わせた総合評価において、最高評価である《評価A》を取得しました。
今回の調査により、厚生労働省が作成したがん検診に関する「事業評価のためのチェックリスト(検診実施機関用)」で求められている基準を十分に満たしている事が認められました。また、当センターの提出画像が技術研鑽用資料として、調査に参加した他施設へ提供されることになりました。

精度管理調査評価結果通知書

ファースト・ママ検診(スピード婦人科がん検診)について取材を受けました!

子育てママライターによる情報webマガジン「オンモプラス」に、ファースト・ママ検診の体験記が掲載されました。
乳房エックス線検査(マンモグラフィ)の様子がよく分かると思います!
ぜひご覧ください。
https://plus.on-mo.jp/column/beauty/1540

2019年4月11日~14日 日本放射線技術学会第75回総会学術大会に行ってきました!

最新装置の見学、研究発表・講演を聞き、良い刺激となりました。
GEヘルスケアのブースでは、私たちの写真と、昨年レディスフロアに導入した、GE社製マンモグラフィ装置「Senographe Pristina」の紹介が掲示されました!

GEヘルスケアのブース

放射線課メンバーの写真

2019年4月1日よりレディスフロアがリニューアルされました

聖隷予防検診センターのレディスフロアが改装され、広く明るい空間になりました。差し色のピンクが可愛いです!
今まで胸部エックス線検査は、男女ともに2階の撮影室で検査をしていましたが、レディスフロアにも撮影室を増築しました。これからは女性専用フロアで検査を受けられるようになります。

レディスフロアの入口

胸部エックス線・乳房エックス線 撮影室前