グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま

婦人科検診

女性の「がん死亡原因」の第1位は乳がん、子宮がんは若年傾向にあります。

乳房視触診

乳房の左右差がないか、ひきつれや乳首の変化がないかを診ます(視診)。
乳腺の厚みや硬さを調べて左右差・しこりがないか、乳首から異常分泌がないかを調べます(触診)。
視触診を画像診断(エックス線・エコー検査)とセットで実施されることをお勧めします。
※視触診のみの検査は厚生労働省では推奨していません。

料金

乳房視触診1,500円(税抜)

乳房レントゲン検査(マンモグラフィ)

マンモグラフィ画像

視触診では発見が難しい早期乳がんを発見できる可能性があります。
専用の装置に乳房を挟んで、薄く平らにした状態で撮影します。女性技師が担当します。

このような方にオススメ
  • 40歳以上

厚生労働省より「40歳以上は2年に1回、エックス線(マンモグラフィ)と視触診で検査」という「がん検診の指導指針」が出されています。

ペースメーカーを使用している方や、V-Pシャントのある方、豊胸手術をされた方、妊娠中、妊娠の可能性がある方、授乳中の方は実施していませんのでご了承ください。

料金

1方向3,500円(税抜)
2方向5,000円(税抜)

乳房エコー検査

小さな乳がんの他に、良性腫瘍、のう胞なども発見できる可能性があります。
乳房にゼリーを塗り「乳房全体」から「わき」まで超音波(エコー)で調べます。
年齢に関係なく全員にお勧めします。女性技師が担当します。

料金

乳房エコー検査3,500円(税抜)

子宮頸部がん検査

婦人科の症状がなくても、定期的な検診をお勧めします。
子宮の入り口(頸部)の細胞を採取してがん細胞の有無を調べます。

このような方にオススメ
  • 20歳以上

厚生労働省の指針で、20歳以上の女性に「2年に1回の検診受診」が勧められています。

料金

子宮頸部がん検査4,300円(税抜)

経膣エコー検査

超音波(エコー)検査によって、内診だけでは診断が難しい子宮体部がんの危険性の有無や
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫などの疾患を調べます。

このような方にオススメ
  • 生理時の出血が多い
  • 生理痛がひどい

料金

経膣エコー検査4,000円(税抜)

HPV検査(ハイリスク型)

子宮頸がん検査と同時に実施できます。

子宮頸がんの主な原因は、「ハイリスク型HPV(ヒトパピローマウイルス)」というウイルスの感染です。従来からの検査法(細胞診検査)に加えてこの検査を受けると、ほぼ確実にがんになる前の段階で発見できます。
子宮の入り口(頸部)の分泌液を採取して検査します。通常の頸部細胞診の検査と同時に行うことができます。

料金

HPV検査(ハイリスク型)5,000円(税抜)