グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研修教育活動  > 事業団内研修  > 事業団キャリアパス

事業団キャリアパス

 2018年4月から新人事制度の運用を開始し、それと同時期に「事業団キャリアパス」を作成、
キャリアパスに連動した研修体制の再構築をしました。

 事業団キャリアパスとは「職業経歴上の道筋」であり、職員が自ら描いた将来像を実現できるよう、
職員に求められる能力や役割、人材育成の体系、研修を明確に示したツールで、その関連性をわかりやすく表したものが
「事業団キャリアパス概念図」です。

 事業団に入職した後、どのように育成されキャリア形成していけるかをイメージしやすいこと、
現職員が将来の自分の姿に向かって目標を持ち、モチベーション高く、長く、働くためのキャリアデザインを描けること、
さらには今後の事業団の経営戦略として「人材育成の充実」がサービスの質の向上に繋がると考えています。


○経営職:企業経営を担い価値創造を推進する者
○管理職:組織を管理し、組織の成果に責任をもつ者
○スペシャリスト:特定分野に深い知識や優れた技術をもつ者
○ジェネラリスト:分野を限定しない広範囲な知識・技術・経験をもつ者
○M1~M4研修:マネジャー1~マネジャー4研修
*マネジャーとは、組織を管理し、組織の成果に責任をもつ者
○L1~L2研修:リーダー1~リーダー2研修
*リーダーとは、事業団における経営を担う立場の者、すなわち経営リーダー


Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.