グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




制度・研修について

生活援助従事者研修とは

2018年4月から新たに始まった研修です。

介護の人材確保の裾野を広げることを目的とし、訪問介護の生活援助を中心としたサービスの担い手を育成するためにできた研修です。
カリキュラム内容は介護職員初任者研修と同科目ですが、時間数は59時間と初任者研修の約半分と決められています。

生活援助従事者研修の内容

〈到達目標〉
生活援助中心型のサービスに従事する者の裾野を広げるとともに、担い手の質を確保できるようにするため、生活援助中心型のサービスに従事する者に必要な知識等を習得することを目的として行われます。

「生活援助従事者研修」と「介護職員初任者研修」の違い

研修の大まかなカリキュラムは同じとなりますが、生活援助従事者研修は介護職員初任者研修の約半分の時間で資格取得ができます。
介護職員初任者研修は訪問介護員として働くだけでなく、施設・在宅問わず介護を行える人材の育成を目的としています。
介護についての知識・必要最低限の介護の技術について学びたい方は「生活援助従事者研修」、
介護についての知識とともに基礎的な介護技術を身につけたい方は「介護職員初任者研修」がオススメです。

受講のメリット

  • 介護の基礎的な知識が身につき、経験がなくても介護の仕事に就きやすい

介護の仕事は無資格・未経験でも就くことができますが、知識・技術をもって仕事に就いたほうがご本人も安心して働けます。また、資格取得者の方が就職には有利になります。


  • 主婦として行ってきた家事力を仕事に活かすことができる

外で働いたキャリアがなくても、主婦の方々の家事能力は立派なスキルになります!
研修にて介護や高齢者への理解を深め、調理・掃除・洗濯・買い物等普段行っていることを仕事にすることができます!


  • ステップアップが図れる

生活援助従事者研修は介護の入口的研修となります。その後、介護職員初任者研修・実務者研修・介護福祉士と段階を踏んで介護職としてステップアップをすることができます。
介護の仕事は年齢に関わりなく働くことができるのもメリットです。

Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.