グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




受講生の声

下図のグラフで明らかなように、聖隷福祉事業団の初任者研修(旧ホームヘルパー2級講座)には、さまざまな年代の方が受講され、共に学んでいます。受講される主な動機は、就職、家族の介護、仕事のスキルアップなどです。講座を修了後に、就職が決まり、働き始めた方も数多くいます。

受講生 2018年度 年齢別構成

受講生 2018年度 研修の活かし方

受講生の声

2018年度 修了者の声

30代 女性

介護職員初任者研修を受講して、介護は体の不自由な方のできないことを援助することという意識から、出来る事を見つけて意欲を高めて、不自由でも役割を見つけてあげる事で、その人らしい生き方が出来て、人としての価値や大切な事を支援する事が、介護する上で重要な事だと勉強を通じて習い、受講前とは、まったく意識が変わりました。受講しなければ、その人らしさを大切にした介護に気づくことはなかったと思うので、受講し気づけたことは、大きな力になると思います。実習もとても丁寧に教えていただき分かりやすかったです。全く分からない介護の世界を少し知る事ができたので、今後にいかしていけたらと思います。
ご指導ありがとうございました。
松林 裕 様

自分は、4月から介護職として聖隷福祉事業団さんで働くことになりました。それに際して、介護のことや方法などを学んでおこうと思い、受講しました。受けてみたところ、細かい所まで教えていただけたので、これから職員として活かしていけると思っています。
受講と同時期に配属先でのアルバイトもさせていただいていたので、学んだことを実際にやってみるということもできたので充実した16日間だったと感じました。就職する人には、ありがたい援助があるので、とても助かりました。
石原 慈人 様

僕が研修を受講した理由は、聖隷での介護職員としての内定が決まったが介護に関する知識がほぼ“0(ゼロ)”だったため良い機会だし、何も分からないまま仕事をするのも不安だったので受講しました。様々な知識が頭に入ると、仕事への楽しみや不安を感じることもありましたが、何も知らない僕にとったらとても良い研修だと思いました。今後も他の研修に参加したり、現場での経験を積み重ねたりしていき、より良い介護士になりたいと思います。
今回の研修での学びを自信に変えがんばります。
髙橋 直音 様

最初は介護については何も分かっていない段階で初任者研修に受講しました。でも、講義や実技演習で先生方が優しく、分かりやすく教えてくれたので最後まで楽しく行うことができました。中には、なかなかできなかったことや難しかったりして大変なこともあったけど、それも経験となって今後にも何回も挑戦してできるように努力していきたいと思います。
小田 広務 様

私は介護について知識も経験もなしに等しかったので今回の研修を受けるにあたって不安しかありませんでした。しかし、今回の研修で介護職というものがどのようなものか、介助するにあたっての注意点や方法を細かく教えてくださったことで徐々にですが介護職について知ることができました。最近行われた、就職先の施設の研修では、この初任者研修で学んだ知識を生かすことができ、私の中では不安だった部分が自信に変わっていきました。今後は介護福祉士を取るために介護の経験を積んで行きたいと考えています。
60代 女性

研修を最後まで無事に受講できたことが忍耐力と自己管理が私でもできたことが今後の生き方の意欲につながり、介護の知識も学び仕事に活かされていくことです。高齢者でも役に立てる可能性を確かめたかったので、私を例にしてもっと介護職を希望する人が多くなれば良いと思います。
鈴木 拓真 様

大学では、鍼灸の勉強をしていたが、支援ボランティアなどで、ご年配の方々と接していく中で、関わりがある仕事をしたいと思い受けました。講師の方々がとても優しくて、おもしろい方ばかりで、楽しくといったら変ですが、分かりやすく丁寧に教えて下さったので、とても分かりやすかったです。様々な知らない知識を得たので、仕事をする上で、学んだことを活かせるように、これからも色々なことを学んで、成長していきたいと思いました。

福祉用具を体験する

移動の介助を学ぶ


Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.