グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




講座日程・内容等

☆2019年度「キャリアアップ研修」は終了しました☆

多くの方のご参加ありがとうございました!

第1回、第2回の模様を下記に掲載しましたので、ぜひご覧ください!


今年度も「キャリアアップ研修」は、楽しく学ぶ場の提供、皆様の興味関心を高める研修をめざし、以下の内容としました。

講座日程


開催日時テーマ講師(資格)内容
第1回2019年8月8日(木)
9:00~12:00

※終了しました※
楽しく作って機能訓練

~その創作レクのリハビリ効果知ってますか?

鈴木 紀子 氏
(作業療法士)

(株)ベル・エージェント代表
 医療法人社団 福在会 磐田在宅医療クリニック 訪問診療部所属

 
≪こんな方におすすめ≫
「ふだん施設や事業所でレクリエーションとしていろいろな作品を創ってもらってるけど、これって機能訓練になってるのかなあ?」
「レクリエーションの担当になったけど、キットは高いし、アイデアは尽きたし・・。困ったなあ」
など、お悩みのあなた。
 指先を使う作業は認知症や麻痺のある方に効果がありますが、市販の手芸キットは作業が細かいなど難易度が高いモノが多いですね。
 鈴木さんは趣味の手芸を生かして遠州木綿のキットを開発したほか、身の回りの小物を布やリボンでデコレーションする創作を機能訓練に応用し、手芸を通じたリハビリの普及を目指して活動中の作業療法士さんです。
 機能訓練としての作業効果をわかりやすく解説したあとで、実際に簡単に作れて、完成度も高い「カワイイ」作品を紹介していただきます。
 後半では、実際に楽しく作る体験もしますので、ぜひ実践で生かしてみてください。
(別途材料費300円かかります)

≪先生のプロフィール≫
 趣味の手芸と作業療法士としての知識を活かし、『発達に遅れがある子供さん、障害のある方、高齢者の方々が施設でも自宅でも気軽に楽しくリハビリを兼ねての手芸の提供をしたい・・・』という思いで、ベルクラフトという事業を立ち上げました。
「楽しみながら作れたよ」「こんなことができると思わなかった」という声を聞き、うれしく思うのと同時に、地域社会に貢献できるよう頑張っていきたいと思っております。
ベル・エージェントのHPはこちら
第2回2019年9月6日(金)
9:30~11:30

受講者多数の場合は12:00まで延長の可能性があります。

※終了しました※
チョー健康法

~腸もみセラピストが教えます
都甲 順子 氏
(腸セラピスト)

クッカプータルハ代表
≪こんな方におすすめ≫
仕事や人間関係、薬剤、食品添加物や大気汚染、現代人はたくさんのストレスにさらされています。

体に入った悪いものを解毒出来る体、ストレスに強い体になって、ご自身の健康を守る方法を学んでみませんか?

*ストレスと腸の関係って?
*テレビでは言えない腸に悪い食べ物って?
*便秘の本当の原因とは?
*怒りっぽい、落ち込みやすいは性格じゃない?

あまり世間では知られていない腸と栄養のことを知って、ご自身とご家族の健康に役立ててください。

≪先生のプロフィール≫
腸セラピーの第一人者 砂沢佚枝師のもとでインテスタージュ®トリートメントを学び資格を取得し、浜松に自身のお店クッカプータルハをオープン。もっともっと多くの人のサポートをしたい!腸の凄さを知ってもらいたい!と感じています。
腸もみサロンHPはこちら

第1回 「楽しく作って機能訓練」 ~その創作レクのリハビリ効果知ってますか?

今回は、株式会社ベル・エージェント代表で作業療法士として活躍されている鈴木紀子様をお招きしました。
法人内外から23名の方にご参加いただきました。

はじめに作業療法による機能訓練の効果等、理論的な部分のお話を伺い、そのあと実際に小物デコレーションのコツを教えていただきました。
参加者の皆さんには、講師のアドバイスを聞きながら、実際にペン立てやコロコロ(お掃除グッズ)を制作してもらい、和気あいあいとした雰囲気の研修になりました。

詳しくはこちらをぜひご覧ください。
◇◇参加者の声◇◇

・手工芸と機能訓練をどうつなげていいのかよく分からなかったので、簡単にデイの中に取り入れられる。
・いろいろな面で「そうなんだ」と思う部分もあり、これからの手作業の参考になることが多く良かった。
・分かりやすく楽しく受講できた。今後、施設での活動で利用者さんと一緒にやっていきたいと思った。
・作業療法としての、ぬり絵やその他のやりがいを学べた。ただ塗るというよりも、どんな効果があり、こうするとよいなど、他職員にも伝えていきたい。
・作業を行う意義やぬり絵、ちぎり絵等のそれぞれの効果を理解したうえで、実際に自分が手を動かして効果を感じながらできてよかった。
・作業療法の根拠も踏まえて実際の作業(物づくり)をすることができて、分かりやすかった。楽しく参加することができた。
・クラフトのテーマに悩んでいたが、ご自身で布等を選んで貼るだけでも話題になって楽しく取り組めて良さそうだと思った。

~楽しく作業中~

~参加者の皆さんの作品~

第2回 「チョー健康法」 ~腸もみセラピストが教えます

今回は、自身で腸もみサロン「クッカプータルハ」を経営されている、腸セラピストの都甲順子様をお招きしました。
「腸活」はメディアでも多く取り上げられ社会の関心が高まっており、法人内外から32名もの方にご参加いただきました。

まず、腸の働きや便秘の原因、腸によい食品・悪い食品などについてお話をしていただき、
その後、セルフ腸もみのやり方を教えてくださいました。

受講生の皆さんは、熱心に講義に耳を傾け、セルフ腸もみ体験を行っていました。
講義終了後も、都甲先生に質問をする姿が多く見られたり、まだまだ知りたいといった声が聞かれ、
皆さんの腸に対する意識が非常に高いと感じました。

詳しくはこちらをぜひご覧ください。
◇◇参加者の声◇◇

・自分の知らないことばかりで、食生活を見直す良いきっかけになった。
・腸の働きによって身体の色々な所に不調が出るということが分かって、改めて腸って大切なんだと勉強できた。自分のできることから実践していこうと思う。
・腸から整えるといっても、胃や他の臓器ともかかわっていることも分かり、食事や生活からも改善できることなど腸もみもできるところから取り入れてみたいと思う。毎日快便で快調を目指してみたいと思う。
・日々の体調不良の原因が今日の講義で心当たりがあることがあり、セルフ腸もみと合わせてチャレンジしてみようと思う。何より自分の身体を大切に扱おうという気持ちになれ、とても有意義な時間だった。

~熱心に受講中~

~セルフ腸もみ体験中~



Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.