グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研修教育活動  > 外部研修事業(看護師・介護職等)  > 外国人介護福祉士等支援事業(静岡県委託事業)  > 2018年度新規開講 外国人介護職員日本語研修【訪問型】 11月あるいは12月~2月開講

2018年度新規開講
外国人介護職員日本語研修【訪問型】
11月あるいは12月~2月開講

☆平成30年度「外国人介護職員日本語研修」は終了いたしました☆


研修の目的

外国人介護職員の日本語力(読み書き力)向上による介護現場への定着の促進

期待される効果

【基礎1コース】
生活や介護現場で使用する漢字・言葉の意味と読み方・書き方が分かる。
研修で習った漢字や言葉、文章が読める・書けるようになる。

【介護記録コース】
介護現場で使われている記録物が読める・書ける。
          
【なんでもコース】
介護現場で使用する漢字・言葉(専門用語)・文法等、読み書きの苦手分野を少しでも克服できる。

研修日程

開催地区会場コース・時間開講日
東部地区施設内会議室等
(訪問先施設が無償提供)
基礎1コース
介護記録コース
なんでもコース

①9:00~12:00
②13:00~16:00
③17:00以降

上記のいずれかの
時間帯を目安に
調整します
2018年11月あるいは12月~
2019年2月まで(3~4か月)の間

例1)1回3時間×全4回(12時間)
例2)1回2時間×全6回(12時間)
お申し込み先着順に調整・決定
全てのご希望には添えない可能性も
ありますのでご了承ください
中部地区
西部地区

〇 県内15事業所(1事業所あたりの受講者数は1~4名程度。応相談)

〇 参加費 無料(教材費含む ※なんでもコースは、教材は各自でご用意・ご持参ください)
 ※交通費自己負担

受講資格

・静岡県内の介護事業所で就労中の外国人介護職員
・静岡県内の介護事業所で働くことが決まっている外国人

本研修の各コースが目指す読み書きのレベル(目安)

①介護記録コース
・介護現場で使われている記録物が読める・書ける。
・日本人支援者が外国人介護職員の記録についての支援方法や留意点がわかる。
・受講者の日本語能力の目安:日本語能力試験N3(~N2)レベル程度以上。

②なんでも2コース
・日本語の読み書きに関して、受講者それぞれが決めた目標が達成できる。
・受講者の日本語能力の目安:日本語能力試験N4・N3(~N2)レベル程度。

*N4レベルとは…
「基本的な日本語を理解することができる」レベル
【読む】
・基本的な語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中でも身近な話題の文章を、読んで理解することができる。
(https://www.jlpt.jp/about/levelsummary.html 参照)

*N3レベルとは…
「日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる」レベル
【読む】
・日常的な話題について書かれた具体的な内容を表す文章を、読んで理解することができる。
・新聞の見出しなどから情報の概要をつかむことができる。
・日常的な場面で目にする範囲の難易度がやや高い文章は、言い換え表現が与えられれば要旨を理解することができる。
(https://www.jlpt.jp/about/levelsummary.html 参照)

*N2レベルとは…
「日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる」レベル
【読む】
・幅広い話題について書かれた新聞や雑誌の記事・解説、平易な評論など、論旨が明快な文章を読んで文章の内容を理解することができる。
・一般的な話題に関する読み物を読んで、話の流れや表現意図を理解することができる。
(https://www.jlpt.jp/about/levelsummary.html 参照)

お申込み方法

募集要項をご確認の上、FAX にてお申込みください。
当方より、受講決定通知をご送付いたします。

お問い合わせ先

〒430-0946 浜松市中区元城町218-26 聖隷ビル
         社会福祉法人聖隷福祉事業団 法人本部 人事企画部
         担当/奥川・秋山
         電話   053-413-3376〔平日9時~17時〕  FAX 053-546-0123
         メール  hq-career@sis.seirei.or.jp

外国人介護職員日本語研修(静岡県介護保険課)



Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.