グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




受講生の声

受講生の声

平成28年度修了者の声

寺下 和英さん

スクーリング前の通信教育では、選択問題ばかりではなく、自身で考えて文章を作成したり、実際に介護過程を作成したりと勉強になった。また仕事をしながらの通信教育だったが、毎回返信された解答用紙に講師からの励ましの言葉が手書きで記載されていたので、とてもやる気に繋がった。スクーリングでは、いろいろな施設の人々とグループになって介護プラン、技術についてディスカッションすることで刺激になり、勉強になった。今まで仕事をしているうえで気付かなかった面や自分の技術面での改善点も明確になり、職場に戻るとすぐに実践できそうな内容ばかりだったので、受講してよかったと感じた。
30代 女性

国家試験を受験するための受講でしたが仕事と家事育児をしながらのレポートは大変なことも多く挫けそうになりましたが先生のコメントに励まされ、なんとかスクーリングにたどりつけました。スクーリングではなぜ介護が必要なのかを理論的に分析し、どう支援したら良いのかをグループワークで学べたことで他受講者との意見の交換ができ、視野が広がったように思います。業務では行っていない事も学べたことで、今後たくさん挑戦していきたいと思います。
20代 男性

第一に、テキストが非常に分かりやすいことが良かったです。自分が知っていることも、知らないことも、とても平易に書かれていました。通信課題ですが、週1回というペースも良かったです。途中の難しく感じたところも、丁寧に添削していただいて、大変嬉しかったです。
第二に、スクーリングの授業が良かったです。通信課題と同様に、普段無意識に行っている介護を文字にして振り返ることで、自身の仕事へ良いフィードバックがなされたと思いました。
加藤 牧子さん

今回この実務者研修を受講し、今まではただお世話をする介護だったところもあるのだなと感じました。一つ一つのことを細かく勉強させていただく機会は私の人生の中でとても貴重な体験でした。今までなんとなくだったことが、なぜそうなのかわかることができたことに感謝します。内容も充実していて良かったです。今後仕事現場でより良い介助ができると思うと自信を持って仕事に行けそうです。今回学んだことを忘れずに今後仕事に励んでいきます。ありがとうございました。
20代 女性

グループディスカッションをする中で、様々な施設のサービスを知ることができた他、実際に介護技術について細かく指導していただいたことで仕事への自信に繋がった。通信での勉強では、こつこつと無理のないよう勉強できるようになっており、仕事の合間や休日を使い、こなすことができた。今後、この研修で得た知識を仕事に活かし安心していただける安全な介護ができるよう、日々努力していきたい。
山本 桂子さん

今年1月に介護福祉士国家試験を受験しましたが、実技で不合格になりました。受講して、人の尊厳が最優先であり、利用者様(患者様)本位であり、すべての考え方、技術、制度、サービスであることに今さらながら気づかされ、それが私の中に土台としてすえられていなかったので不合格になったのだと思いました。技術の基本を教えていただけたこと、アセスメントシートには多くの時間をかけて、辛抱強く私たちの少ない知識を引き出しながら教えてくださいました。利用者様(患者様)について知ることは尊厳を保つためには不可欠なのです。研修にはお金もかかり、年齢も58才なので、「今さら何になる」という人もいましたが、学んで良かったです。他の人にも伝えます。

Copyright(C)Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.