グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム  > 役員がつづるコラム「実践躬行」  > 理事長 山本敏博(2017年4月号-i) 今年度も現場第一主義を貫いていきたい

理事長 山本敏博(2017年4月号-i) 今年度も現場第一主義を貫いていきたい

今年度も地域の医療・福祉サービスに貢献すべく、2017年4月1日付で聖隷福祉事業団(以下聖隷)では、730名の職員を採用することができ、辞令交付式には468名が出席しました。新入職員には、「私たちの仕事は続けなければならない仕事。地域の方々の幸せのために、自分の仕事を全うしてほしい。」と期待を込めてメッセージを贈りました。
さらに、今年度も社会福祉法人として共生社会の実現に向けて貢献すべく、4月付の開設施設(下記1・2)の式典の様子もご紹介させていただきます。


聖隷こども園めぐみ(3階建)の
吹き抜けを利用したアスレチック遊具

  1. 静岡県浜松市における待機児童の解消のため聖隷こども園めぐみを定員160名にて新設し、竣工式(3月29日)を迎えることができました。聖隷の保育事業としては初めての3階建ての施設で、大規模のホールのほか子どものチャレンジ心や発達段階に応じた身体機能を育めるよう、建物内にはアスレチック遊具やチューブスライダーなどの大型遊具も設置いたしました。
  2. 兵庫県淡路市においても、淡路市より岩屋認定こども園の運営をこの4月よりお任せいただけることになりました。3月30日には、現園舎での引き継ぎ式が行われ、出席させていただきました。同日には聖隷淡路病院隣接地に建設される新園舎の地鎮祭にも参列させていただきました。来年度(2018年)は、「聖隷こども園夢舞台」として、新たに新園舎で運営を行ってまいります。

最後に、どんなにわずかな時間でも、社会保障の最前線で働く職員の様子やご利用者の皆さまと触れ合う時間が大切だと私は感じています。私たちの事業は対人サービスの最たるものとして「地域で最高の質」を提供していくには、私自身が現場第一主義の信念をこれからも貫いていきたいです。
おかげさまで、好評をいただいているこちらの「実践躬行」、今年度も引き続きよろしくお願いします。

【3月21日(火曜日)静岡県浜松市】2017年度新辞令交付式

浜松市のアクトシティ浜松・中ホールで行われた2017年度辞令交付式

新入職員の代表4名に檀上にて辞令をお渡ししました

【3月29日(水曜日)浜松市】聖隷こども園めぐみ(定員:160名)竣工式・記念パーティー

式典後の記念パーティーにて、
園長の内藤かず子と

式典後の記念パーティーにて
保育士の採用にも法人をあげて取り組み、
新入職員も迎えられました

【3月30日(木曜日)兵庫県淡路市】岩屋認定こども園(定員:120名)引継式・聖隷こども園夢舞台地鎮祭

岩屋認定こども園(現園舎)にて引継式
淡路市門 康彦市長と

新園舎(聖隷淡路病院隣接地に着工)の工事の
地鎮祭も行われました


Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.