グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム  > 役員がつづるコラム「実践躬行」  > 常務執行役員 鎌田裕子(2019年3月号-ⅱ)聖隷の魅力:職員のためのキャリアパス

常務執行役員 鎌田裕子(2019年3月号-ⅱ)聖隷の魅力:職員のためのキャリアパス

聖隷福祉事業団(以下、事業団)では2018年4月から新人事制度の運用が開始されました。
それと同時期に「事業団キャリアパス」を作成し、キャリアパスに連動した研修体制の再構築をしました。


さらなる「人づくり組織への挑戦」を進めます。

 キャリアパスとは「職業経歴上の道筋」であり、職員が自ら描いた将来像を実現できるよう人材育成の体系・研修を示したツールです。昨今、生産年齢人口減少、高齢化の社会背景の中、将来的なキャリア、人材育成の仕組みを見える化することには多くの意味を持っていると思います。入職を希望される方々が事業団に入職した後にどのように育成されキャリア形成していけるかイメージしやすいことや現職員がモチベーション高く長く働くためにキャリアデザインを描けること、さらには今後の事業団の経営戦略として人材育成に尽力した上でサービスの質向上に寄与することができると考えます。
 私は聖隷三方原病院より本部に異動した時から、キャリアパスの作成と階層別研修の連動を何とか実現したいと思っていました。それは人事制度・目標参画システム・階層別研修・職種別ラダー・コンピテンシー評価など様々な取り組みをしているものの総合的に示されたものはなく、次世代に必要な人材を育成するためにはそれぞれの仕組みを連動させる必要があると考えたからです。そのタイミングが新人事制度の時期であり「事業団キャリアパス」の作成、加えてキャリアパスに準じた研修の整備も行うことができ今年度から新たな研修もスタートすることができました。

 次年度も多くの職員が事業団に入職される予定です。ぜひ、この「事業団キャリアパス」を参考に日々の業務を通じて自分のキャリアを描き、やりがいを持った仕事に繋がることを期待しています。

職員の皆さんの成長がサービスの向上につながります。
2019年度の辞令交付式では新入職員の皆さんにエールを送りました。

辞令交付式に向かう新入職員の皆さん。
困ったら先輩に積極的に質問し、社会人、専門職として成長していただきたいと思います。

一生に一度、訪ねてみたいところアウラニ(ハワイのディズニー)・北海道 
一番嬉しかったこと娘に長女が誕生したこと (おばあちゃんとは呼ばせませんが)
来年度の目標現場の再理解と情報発信

【秘書・広報課からのお知らせ】「i am...」第15号を発行しました

利用者さんが住み慣れた地域で暮らし続けることができますように――女性で構成された秘書・広報課編集チームが、一際輝く「わたし」の魅力、そして聖隷の魅力をご紹介する広報誌「iam...」。
最新号「聖隷厚生園讃栄 地域活動支援センターナルド 社会福祉士 田中歩美」は、こちらからご覧いただけます。

【発行概要】
•発行開始:2015年8月
•発行頻度:年4回(6月・9月・12月・3月に発行) 
•発信先:聖隷福祉事業団ホームページ内「広報活動」
•企画・取材・編集:秘書・広報課
•発行責任者:秘書・広報課長 臼井健太

Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.