グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム  > 役員がつづるコラム「実践躬行」  > 理事長 山本敏博:(2020年4月)「入職・新年度を迎え、一歩踏み出したあなたへ」

理事長 山本敏博:(2020年4月)「入職・新年度を迎え、一歩踏み出したあなたへ」

 4月1日を迎え、新年度がスタートしました。この春就職された方、新しい職場へ異動された方、新しい役職に就かれた方、不安と期待、緊張されていることと思います。例年3月に新入職員辞令交付式を開催しておりますが、新型コロナウイルスの想定を上回る緊急事態を受け、残念ですが「中止」という決断をしました。新入職員の皆さんに直接メッセージをお伝え出来ず非常に残念ですが、この場を借りて一言お伝えしたいと思います。新しい職場に配属され不安も大きいと思いますが、一人で悩まず、皆さんの気持ちに寄り添ってくれる上司、先輩に相談してください。必ず力になってくれます。悩みを共有することで、ともに成長していきましょう。
 聖隷福祉事業団は2020年5月に創立90周年を迎え、2020年度はこれまで聖隷を支えていただいた皆様、利用者の皆様のために最善を尽くしている職員の皆様に感謝を申し上げるとともに、創立100周年に向けて新たな歩みをはじめる一年にしたいと思います。
 


新年度を迎え、新たな一歩を踏み出したあなたへ

 人口減少に伴い、医療・福祉・介護・保育の分野では人材不足が深刻化すると予想されています。私の経営者としての思いは、職員の皆さんが長く働きたいと思ってもらえるように職場環境を整えることです。福利厚生の充実、結婚・出産・育児の支援、定年後の継続雇用、研修体制の充実を引き続き取り組みたいと思います。皆さんも、仕事が上手くいかない時すぐに退職を考えるのではなく、一つの仕事を選んだら一定期間努力し、成果を検証した上で自分に合うかどうかの判断をしてもらいたいと思います。

【私からの三つのお願い】
 ・遠慮することなく、自分の考えを発信してください
 ・様々なことに挑戦し、実践してください
 ・自身の仕事に責任と誇りをもって働いてください

1月21日 浜名湖エデンの園定礎式

1月21日 浜名湖エデンの園定礎式

 1973年の開設当初から利用してきた1・2号館の老朽化について心配をしておりましたが、今回の工事によってご入居の皆様に、より安心して生活していただくことができ、私も大変喜ばしく思っています。ご協力いただきました皆様に感謝申し上げるとともに、4月末に完成する建物を楽しみにしています。


3月8日 こども園こうのとり富丘複合施設竣工式にて

 こども園こうのとり富丘複合施設は保育・教育・子育て支援を提供する「幼保連携型認定こども園」を柱に、お子様の成長発達を支援する「児童発達支援事業」と、在宅医療を担う「訪問看護ステーション」が併設された全国で類を見ない3事業複合施設です。全ての子ども達が共に過ごし、共に育ちあうことで多様性を尊重できる大人になると信じております。こういった先進的なケアができる施設を開設することができ、大変うれしく思います。

新型コロナウイルス感染症について

 新型コロナウィルスによる感染症の拡大について、いよいよ緊急事態宣言の発令がだされました。まずは現状において治療にあたっている医療機関や保健所等の関係行政機関のご尽力に感謝を申し上げます。
 聖隷福祉事業団では従来よりインフルエンザ、ノロウイルスをはじめとした感染症に対して、病院はもちろん、健診施設や老人ホーム、障がい者施設、こども園等、すべての施設・事業において対策を取っています。このたびの新型コロナウィルスにおいても一層の警戒を指示しております。私のオフィスのある法人本部の5階でも職員の健康チェック、定期的な換気や次亜塩素酸を使った机、いす、ドアノブ等の消毒などを実施しています。
 しかしながら新型ウイルスである以上、対策にも限りがあります。何よりも、市中の感染を広げないことが一番でありますので、私も率先して手洗いの励行や不要不急な外出を控えるなど、個人でできることをしっかりとやっていきます。早期の終息に向けて皆さまにもご協力をお願いしたいと存じます。

理事長 山本敏博のプロフィール

おすすめの本論語
小さい頃の夢パイロット
最近はまっていること、ものゴルフ
(昔からずっと変わらず)
怖いものみんなの気持ちが離れてしまう事
(仕事を含め色々なことが何もできなくなってしまうので)

【秘書・広報課からのお知らせ】2020年4月15日 社内報「聖隷」294号を発行します

 聖隷福祉事業団は社会福祉法人制度改革において指摘されている、「地域公益活動の推進」、「積極的な情報発信」に力を入れ、社会福祉法人の使命を追求していきます。特に、公益活動の定義を明確にし、活動内容とその実績について社内報や本ホームページ等を通じ情報公開を行っていきたいと考えています。私どもの事業の社会的意義を多くの方に知っていただくために今まで以上に積極的に広報活動を行っていきます。

今号では特集「2020年度事業部方針 今年はこう動く!」、事業部最前線「聖隷淡路病院」等を掲載しています。ぜひご覧ください。



■聖隷福祉事業団の
情報公開はこちらからご覧いただけます。
広報活動はこちらからご覧いただけます。


■発行概要
•発行頻度:年4回(4月・7月・10月・1月に発行)
•編集事務局:秘書・広報課

Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.