グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム  > 役員がつづるコラム「実践躬行」  > 理事 青木善治:(2020年12月号)これからの健保組合について考える

理事 青木善治:(2020年12月号)これからの健保組合について考える

 私は聖隷健康保険組合(以下聖隷健保)の常務理事を兼務しており、
昨今の健保を取り巻く社会情勢が大きく変動していることから、健保をめぐる話題をいくつかご紹介致します。


 私たちの聖隷健保は職員1万3千名、ご家族6千名、合わせて約1万9千名の加入者がおり、加入者の健康管理、健康増進も大切な保健事業として担っています。先日、厚労省より健康スコアリングレポートが届きました。健康スコアリングレポートとは、聖隷健保加入者の健康状態や医療費、予防・健康づくりへの取り組みについて全健保組合の平均等と比較したデータを経年的に見える化したものです。この中で聖隷健保加入者に示された特徴は、肥満、血圧、肝機能、脂質、血糖の生活習慣病リスクの内、血糖リスクだけが大変高いという点です。今年度の血糖リスクは標準レベルまで改善することが出来ましたが、今後の大きな課題だと認識しております。この要因は、生活習慣(喫煙、運動、食事、飲酒、睡眠)であると考えられますので、健康管理、健康増進を意識した生活習慣を身に付けることが重要です。

聖隷健保加入者の生活習慣病リスク保有者の割合
上記の表の数値は全組合平均を100とした時の相対値を表しており、数値が高いほど良好な状態を示しています。
2020年度は血糖の改善により5つの項目すべてが全組合員平均以上の数値となりました。

出典:厚労省・経産省・日本健康会議が連携して作成している「健康スコアリングレポート」

2020年12月発行の保険証より、ジェネリック薬品の処方希望を伝える「ジェネリックシール」を貼付けします。既に保険証を交付済でも希望される方には配布します。

 続いて健保財政におけるジェネリック医薬品の使用状況についてですが、以前より健保からジェネリック医薬品未使用者へ直接ジェネリック医薬品への切替えをお願いしておりました。その結果、利用率は順調に伸び2018年度末の利用率68.8%に対して、2019年度末の利用率は74.5%と一年間で5.7%程度向上しました。しかし静岡県下40健保組合の相対評価としては、いまだ利用率最下位の状況が続いています。加入者の皆様には、健康を支える健保の健全経営の為、可能な限りジェネリック医薬品の使用をお願いします。

聖隷健保の職員と。保健師、ブレス浜松のバレーボール選手、エルダー職員など多様な人材で構成されており、様々な視点から加入者の健康維持をサポートしています。

 さて、来春から医療を取り巻く情報管理が大幅に変わります。
 皆さん、マイナンバーカードは作りましたか? マイナンバーカードは身分証明書、行政手続きのオンライン申請や、コンビニで住民票などの公的な証明書を取得できることはご存知かと思います。更に2021年3月より健康保険証として、また順次、特定健診情報、薬剤情報に加え、2022年度には手術・移植、透析等重要な情報もマイナポータルを通じて確認することが可能となります。同様に各医療機関でも確認が可能となります。例えば、救急にて受診をした際、他医療機関にて処方された薬剤情報を受診医療機関においてタイムリーに確認ができるようになります。これら重要な情報を本人及び医療機関にて情報共有をすることで、確かな情報のもと、迅速な医療を受けられる体制に変わります。更に保険証の発行停止も国が検討しており、この機会にマイナンバーカードを作られてはいかがでしょうか。
 最後に、聖隷健保では、「加入者一人ひとりの健康保持増進と疾病予防に全力を尽くす」を理念に日々取り組んでいます。加入者の皆様もこれを機会にご自身の健康管理について今一度考えて頂ければと思います。

理事 青木善治のプロフィール

小さい頃の夢セミとカブトムシが大好きだったので、たくさんのセミとカブトムシに囲まれて生活したいと思っていました。
最近はまっていること・もの朝晩のストレッチ

【聖隷健康保険組合からのお知らせ】情報もりだくさん「けんぽだより」

聖隷健保が季刊発行している「けんぽだより」。健康に関する情報がもりだくさん。
バックナンバーは聖隷健保ホームページよりご覧いただけます。

【秘書・広報課からのお知らせ】2020年12月 新企画の連載がはじまります!

 聖隷の医療福祉の現場では、課題改善・解決が繰り返され質を高め続ける努力がなされています。
その最前線で働く職員が、現場でみつけた「inspire」(ひらめき)を共有、発信します。
「Inspire~ここからはじまる~第1号『浜北愛光園 ケアサポーター』」は、まもなく発行となります。

【発行概要】
•発行開始:2020年12月
•発行頻度:年4回(6月・9月・12月・3月に発行) 
•発信先:聖隷福祉事業団ホームページ内「広報活動」
•企画・取材・編集:秘書・広報課
•発行責任者:秘書・広報課長 臼井健太

Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.