グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 聖隷福祉事業団について  > 聖隷福祉事業団の取り組み

聖隷福祉事業団の取り組み

聖隷福祉事業団における「コンプライアンス」への取り組みについて説明しております。


聖隷福祉事業団は2010年に環境宣言及び環境ビジョンを採択し、主に3つの分野の環境活動に取り組んでいます。


聖隷福祉事業団は、個人情報を正確かつ安全に取り扱い保護することを社会的責務と考えます。


聖隷福祉事業団では女性の活躍状況が高く評価され、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」における認定マーク「えるぼし」の最高段階を取得しました


次世代育成支援対策推進法に基づき、当事業団では「一般事業主行動計画」を策定しております。


聖隷福祉事業団では、2009年に経済連携協定(EPA)の制度でフィリピンから職員を受入れを行っています。


聖隷福祉事業団は2017年の法人目標のひとつとして、「防災対策に加えて防犯対策の取り組みを推進する」を掲げ、組織を挙げて取り組んでいます。


聖隷福祉事業団は、職員とその家族の健康を第一に考え、心身ともに健やかでいきいきと過ごせるよう支援をしています。



Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.