グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 法人からのお知らせ  > 「平成30年7月豪雨災害ボランティア」としてケアプランセンター三方原、浜北愛光園の職員が被災地へ派遣されました

「平成30年7月豪雨災害ボランティア」としてケアプランセンター三方原、浜北愛光園の職員が被災地へ派遣されました

2018年7月24日法人本部にて

 「平成30年7月豪雨災害」で被災された方々には心からお見舞い申し上げると共に、復興に尽力されている皆さまには安全に留意され、ご活躍されることをお祈りいたします。

 さて、聖隷福祉事業団では社会福祉法人静岡県社会福祉協議会を通じ、2018年7月27日~8月2日の7日間で、「静岡DCAT※1」第2次隊として聖隷ケアプランセンター三方原より深澤、浜北愛光園高薗デイサービスセンターより掛井を派遣いたします。
 派遣にあたり、法人本部で激励会が行われ、理事長の山本からは、「聖隷人らしく人のため支援を行ってくるように」との激励の言葉が送られました。
 派遣される両名からは「今まで現場で培ってきたスキルを被災地のために生かしたい」との決意表明がありました。現地では、介護福祉士、介護支援専門員として支援を行います。

派遣概要
・派遣職員
 (右) 聖隷ケアプランセンター       深澤和弘(介護支援専門員・介護福祉士)
 (左) 浜北愛光園高薗デイサービスセンター 掛井彰浩(介護福祉士)

・派遣期間
2018年7月27日~8月2日

※1・・・DCAT=Disaster Care Assistance Teamの略。静岡県災害派遣福祉チーム。
          災害時に避難所で福祉・介護の専門的な視点で支援活動を行う。

Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.