グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 法人からのお知らせ  > 前理事長の長谷川力が永眠いたしました

前理事長の長谷川力が永眠いたしました

前理事長 長谷川力(はせがわ つとむ)は、長谷川保ら草創期メンバーの薫陶を受けながら、弁天島同胞寮を皮切りに、聖隷浜松病院事務長など聖隷の医療福祉の現場の第一線で活躍しました。また、1980年からは聖隷福祉事業団第2代理事長として、ホスピス、予検センター、国立病院の移譲、エデン事業の拡大、特別養護老人ホームの整備など、医療福祉の多様性、先見性を体現し、聖隷発展の礎を築きました。

経 歴
1931年 2月15日浜松市に生まれる
1951年 3月日本社会事業短期大学を卒業し、
    弁天島同胞寮(母子寮)に勤務
1958年 評議員
1964年 理事
1980年 9月理事長就任
2000年 退任

かねてから療養中でありましたが2020年10月15日聖隷袋井市民病院にて永眠いたしました。
昨今の状況を鑑みて、家族葬にて葬儀を行いました。

Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.