グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 広報活動  > パンフレット・社内報  > 役員がつづるコラム 「実践躬行」  > 理事 日下部行宏(2016年3月号-ⅰ) 聖隷で働くことの意味・聖隷だからできること

理事 日下部行宏(2016年3月号-ⅰ) 聖隷で働くことの意味・聖隷だからできること

【2017年新卒/学生さん必見!!】「聖隷で働くことの意味・聖隷だからできること」  理事・常務執行役員 日下部行宏


聖隷三方原病院放射線部技師長(当時)の名札。現場での日々を忘れないためにも、今でも大切に机に入れています。

聖隷福祉事業団で人事・人材開発とさらに聖隷淡路病院担当常務執行役員の日下部です。法人本部に来る前は、2014年10月まで、約10年間聖隷浜松病院の事務長をしていました。もともとは、診療放射線技師としても約25年、聖隷浜松病院、聖隷三方原病院で診療放射線技師長も務めました。
 理事長の山本に続いて3月号を担当するに当たり、まず聖隷の組織を支える“人”を担当する役員として、私の長年の放射線技師そして病院事務長としての経験に基づいた「聖隷で働くことの意味・聖隷だからできること」を紹介します。
 社会環境としては、ご存じのとおり、2025年には、65歳以上の人口が3657万人で全人口の3割に達すると見込まれています。要支援・要介護認定者数の増加に伴い、介護ニーズが高まることが推測されます。それ以外にも、子どもの発達支援や障がい者や生活困窮者への支援、待機児童の解消に向けた保育園の整備など、社会福祉法人として、これらの課題と正面から向かい合い、ますます増える地域からの要請に応えていかなければなりません。そして、保健・医療・福祉・介護サービスを最高の質を以って地域に貢献していくには、若い皆さんの力が必要です。
 私は、人材育成には、研修や資格取得など職員自らが成長できる環境と新たな仕事にチャレンジしたり将来のマネジャーとして組織を経営するキャリアを積める機会があることが大切だと考えています。聖隷福祉事業団では、就職前、就職後、中堅・役職任用時、経営者育成の階層別の研修はもちろん職種ごとのキャリアラダーに則ったスキルアップをしながら、キャリア形成ができます。これは、国内でも屈指の社会福祉法人だからこそできることと自負しています。聖隷には、13000人を超える職員が在籍しており、その7割が女性職員です。ライフステージに合わせた働き方を選択し、聖隷で長くキャリアを積めるように、これまでも産休・育休・特別休暇等の福利厚生制度を整えてきました。

今後も一人ひとりのライフスタイルや価値観を大事にしながら最大限の能力発揮ができるように新たな人事制度を構築すべく検討を進めています。聖隷は現場の職員の声を大切にする組織です。自分のやりたいことを発信して、それを実現し、人から感謝され、きちんと評価される非常にやりがいのある仕事だと思います。私自身聖隷での仕事を通して、自分の成長を実感しながら、充実した職業人生を歩むことができました。役員になった今は、理事長の山本のコラムにもあったとおり、職員の働く環境の整備に尽力したいと考えています。
 医療・福祉サービスを利用する地域の方々を守るために働き、仕事を通して自分自身を成長させたいという学生の皆さん、下記外部サイトから聖隷での仕事やセミナー情報などを是非確認してください。
 では、皆さん、採用時の役員面接さらに入職後の研修で会えることを楽しみにしています! 

2017年新卒採用情報はこちらから!!

各サイトが別画面で開きます。
リクナビ2017はこちらから

マイナビ2017はこちらから

求人・就職情報Bslink【ビーズリンク】はこちらから 

カイゴジョブはこちらから


お問い合わせは、法人本部人事部人事課 までご遠慮なくご連絡ください。
■所在地 〒430-0946 静岡県浜松市中区元城町218-26
■電話番号:053-413-3290
■ファックス:053-546-0123
■メールアドレス:hq-jinji@sis.seirei.or.jp

Copyright(C)Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.