グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 広報活動  > パンフレット・社内報  > 役員がつづるコラム 「実践躬行」  > 理事 青木善治(2016年10月号-ⅱ)浜松から静岡へ聖隷保健事業部の挑戦を振り返る

理事 青木善治(2016年10月号-ⅱ)浜松から静岡へ聖隷保健事業部の挑戦を振り返る

【HP限定】聖隷福祉事業団の役員がつづる コラムLeader's thoughts「実践躬行」(じっせんきゅうこう)


「浜松から静岡へ聖隷保健事業部の挑戦を振り返る」 理事 青木善治

聖隷健康サポートセンターShizuokaは、2010年4月にJR東静岡駅前のマークス・ザ・タワー東静岡(2階~4階)にオープンいたしました。

 前回は、財務担当役員として、本年度の予算について綴りましたが、今回は、今年3月より担当している保健事業部の聖隷健康サポートセンターShizuoka(以下サポートセンター)について、開設の経緯から今後の展開まで決意を込めて綴ります。担当になって以来、浜松の自宅から当施設に出向く機会も増える中、着実に手ごたえを感じるようになりました。というのも、私は普段、前述のとおり財務担当として、主に経営の数値で施設の運営を把握する立場にあります。その中で、サポートセンターは、「多額の投資を行い素晴らしい施設整備をした反面、利用者数が経営安定の数に届かず、厳しい経営状況が続き…何とかしなければいけない」と感じておりました。同時に、少しずつではありますが、外部の方々からのお声で、地域からの信頼も徐々に高まってきたという感触も持てるようになってきました。そんな折(2016年3月)、当施設の担当となりました。いざ、現場の状況を把握しようと静岡に出向く中、改めて気付いたのは、健診の実績というのは一日にしてならずだということです。
 聖隷福祉事業団にとって新たな地区である静岡での事業展開は、並たいていな努力では、地域から認めていただけるものではありません。常に質の高いサービスを目指し続け、特に女性の健診に力を入れるなどの工夫を行い続けてきました。品質を高めるための継続的な努力が実を結び、さらに丁寧な営業活動の結果が開設から6年たった今、地域の皆様からの評価につながってきたと感じています。
 聖隷が今まで積み重ねてきた「健診ノウハウ」と共に、我々の事業に対する「誠実」さをご理解いただけるよう引き続き努力を惜しまない決意です。

開設の経緯とこれからの展開

※画像をクリックすると予約画面が開きます。

 聖隷の保健事業は静岡県西部地区に聖隷予防検診センター聖隷健康診断センター、 県東部地区に芙蓉協会*の行う聖隷沼津健康診断センターの3箇所での事業展開をしていました。しかしながら、県中部地区での健診事業は行われておらず、企業、団体様を中心に、大変ご不便をお掛けしており、聖隷の健診事業としては静岡進出の必要性を強く感じておりました。そのような状況の中、「聖隷の健診事業を県中部地区において是非行ってもらいたい」という強い希望が地元大手ユーザー様から届けられました。静岡地区に事業所を開設することは、静岡県全域をカバーでき、利用者様の利便性を大いに高めることも出来ます。そこで、静岡県中部の健康管理を担う総合保健医療施設として開設にいたりました。静岡市に拠点ができたことで、2016年度からは聖隷沼津健康診断センターとのデータ統合によりフォロー体制も充実し、静岡県内全域において健診から再検査の受け入れ態勢も完備されました。聖隷の保健事業の特徴である「事後フォロー」の充実や、利用者の利便性も大いに向上し、「効果の出る保健機関」として現場の職員とも力を合わせ、更なる努力を続けていきます。
 今後は、静岡市内の健診機関と連携し、静岡市における特定健診の受診率向上を目指すとともに、静岡県立大学等への研究協力を継続し、地域公益活動の実績づくりを行ってまいります。
*芙蓉協会:聖隷福祉事業団の関連法人。ホームページはこちらから。

担当の私も家族で利用中!おススメは脳ドックです。ご予約はこちらから

※画像をクリックすると予約画面が開きます。

 サポートセンターは、MRI(3.0テスラ)、ヘリカルCTといった高度医療機器を設置し、精度の高い人間ドック・健康診断を提供するとともに、女性専用の検査を行うレディスフロアも設置し、静岡でも話題の施設になりました。私自身も4年前(2012年)に、初めて当施設を利用しました。手前味噌ですが、その時、圧倒的なクオリティーと接遇の高さに感銘し、差別化を図ろうとする努力を垣間見た気がしたことを思い出しました。
 担当の私も太鼓判をおすサポートセンターの人間ドック。私も家族と一緒に受診しています。特に、女性にはレディスドック・男性には脳ドックがおすすめです。ちなみに、今年も私が運転手を兼ねて、我が家の女性陣(妻・娘)とともに受診予定です。

■お電話でのご予約
 静岡地区予約センター:0120-283-170
 予約受付時間(祝日を除く)月~金曜日:8時30分~17時00分 / 土曜日:8時30分~12時00分
■インターネットでのご予約
 ご自身で予約の空き状況をみながら24時間お申込みいただけます。
 ご予約はこちらから。

人間ドックだけじゃない!外来診療も行っています(女性必見!!)

聖隷健康サポートセンターShizuoka医局
(前列中央)所長鈴木美香(婦人科)

サポートセンターでは、クリニック部門も併設しており、一次健診後のフォローアップはもとより、外来診療にも力を注いでいます。
■レディスクリニック:
•検診後の再検査
•一般婦人科診療(生理痛・子宮内膜症・子宮筋腫など)
•子宮頸がん予防ワクチン接種
•更年期治療
•漢方処方
•OC(低用量経口避妊薬)処方
•月経コントロールなど

■禁煙外来:
医師のアドバイスを受けながら、禁煙補助薬(おもにニコチンを含まない飲み薬または貼り薬)を用いて、約12週間、およそ5回の通院で治療完了の予定です。なお医師の判断により、貼り薬を用いたニコチン補充療法をおこなう場合もあります。この場合の通院期間は約8週間です。

■呼吸器外来:
•人間ドック・健康診断・肺がん検診後の再検査及び精密検査 (他院で人間ドック・健康診断を受診された方も診療いたします)
•肺炎球菌ワクチン予防接種
•低線量CTによる肺がん検診(検査日は随時、予約制)
•肺がん・COPD検診(検査日は随時、予約制)

聖隷健康サポートセンターShizuoka 外来受付
 静岡県静岡市駿河区曲金6丁目8番5-2号
 電話:054-280-6222(直通)
 受付時間(祝日を除く):
 月曜日~金曜日 8時30分~17時00分/土曜日(外来営業日) 8時30分~12時00分
 専門外来の詳細はこちらからご覧いただけます。

【ご案内】第4回「肺の健康を考える日」 ご希望により検査受診も可能

あなた自身の健康のためにあなたの大切な人のために肺について見つめ直しましょう!

■実施日:11月5日(土) 9:00~10:00 (限定30名予約制) 

■場所:聖隷健康サポートセンターShizuoka
■実施内容詳細はこちらから
 •胸部CT検査 定価 10,800円(税込) → 特別料金 5,800円(税込)
 •肺機能検査 2,376円(税込)
 •肺炎球菌ワクチン予防接種 
  ※対象により料金が異なりますのでお電話にてご確認ください

ご予約はお電話にて承っております
TEL:0120-283-170  
予約受付時間(祝日を除く)
月曜日~金曜日:8時30分~17時00分 / 土曜日:8時30分~12時00分

聖隷健康サポートセンターShizuoka副所長影山善彦医師を掲載した広報誌「iam...」第3号はこちらから

 利用者さんが住み慣れた地域で暮らし続けることができますように――
女性で構成された秘書・広報課編集チームが、一際輝く「わたし」の魅力、そして聖隷の魅力をご紹介する広報誌「iam...」。
 「iam...」第3号では、聖隷健康サポートセンターShizuoka副所長で呼吸器科医として禁煙外来を担当する影山善彦医師を取り上げました。日本人のがんによる死亡数第一位の肺がんに立ち向かうべく、肺がんの“治療”から“予防”へ歩みを変え、「健康な人と病気の人の間に立ち、病気の方に偏りがちな人々がより健康に向かってもらえるようお手伝いする者の一人でありたい」という影山の熱い想いが詰まった第3号は、こちらからご覧いただけます。

※下の画像をクリックすると掲載ページが開きます。下記PDFファイルからもご覧いただけます。
※第6号(在宅・福祉サービス事業部/介護職)は、2016年12月発行予定です。

第3号影山医師(中央)を取材の際に。
秘書・広報課鈴木光(左)・竹内絵美(右)

広報活動


  • 役員コラム 実戦躬行
  • 介護研修のご案内
  • 基本理念・使命・行動指針
  • パンフレット・社内報


Copyright(C)Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.