グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 広報活動  > パンフレット・社内報  > 役員がつづるコラム 「実践躬行」  > 理事長 山本敏博(2016年8月号-ⅰ)聖隷浜松病院第4期増築計画プロジェクトネクサスの完成によせて

理事長 山本敏博(2016年8月号-ⅰ)聖隷浜松病院第4期増築計画プロジェクトネクサスの完成によせて

【HP限定】聖隷福祉事業団の役員がつづる コラムLeader's thoughts「実践躬行」(じっせんきゅうこう)


「聖隷浜松病院第4期増築計画プロジェクトネクサスの完成によせて」 理事長 山本敏博

竣工式典での挨拶にて

 聖隷浜松病院第4期増築計画が、このほど医局管理棟も含めて無事竣工を迎え、先日(7/26)竣工式典を行いましたので、そのことについて綴ります。
 2006年より検討を開始し、実に完成まで10年をかけたこの壮大な計画は「プロジェクトネクサス」と名付け、病院全職員の叡智を結集してきたものです。その間、2011年には東日本大震災があり、大規模災害時の病院機能の維持がたいへん重要な使命であることを再認識し、一刻も早い完成を願ったものでした。
 また、2012年には病院の国際認証であるJCI認証を受けました。職員の努力と共に関係の皆様のご協力により工事中であっても極めて高い安全性や機能性を発揮し、国際レベルの医療を提供する病院であることを証明できました。これらを思い返すと、無事に竣工式を迎えられることは大変感慨深いです。 ※詳細は下記参照
 設計・施工の工事関係者のご協力により、延床面積約7万㎡、建築面積約1.2万㎡という大規模病院を様々な工夫により病院の医療活動を止めることなく工事を進めました。また、患者さんはもちろん、地域の皆さまへ騒音・振動などでご迷惑をお掛けすることもありましたことお詫び申し上げるとともにご協力いただいた多くの方々に、この場を借りて心から感謝申し上げます。

【静岡県内初】手術室間移動CT
脳外科系を中心に使用され、合併症のリスクを大幅低減することが可能に

ハイブリッド手術室
循環器科系を中心に使用され、「手術」と「カテーテル治療」が融合された専用の手術室
最新鋭のレントゲン装置も併設

写真は、新棟屋上部分のヘリポート(2015年10月~)
救命救急センター指定(2010年5月)を受け、地域の救急医療に貢献。

 思い起こせば当院は、1962年に114床の病院として開設、1969年に350床の総合病院として認可され、その後も地域の方々から求められる医療を提供すべく活動を続け、1993年より744床となり、今月(8/1より)750床に増床いたしました。その間、病院の成長と共にほぼ3年スパンで、建物も増改築を繰り返してまいりました。中でも私が聖隷浜松病院の事務次長を務めていた1977年に開設した未熟児センターは、現在では、総合周産期母子医療センターとして、県内外の医療機関と協力しながら地域の周産期医療を支えています。その小児・周産期病棟のリニューアルが本計画の柱の一つとして進められました。同時に、救命救急センターと各機能へのアクセス性向上として、築10年しか経過していない救急棟を解体し、病院敷地中央部に新棟建設用地を確保、総合周産期母子医療センター・救命救急センター・手術室など医療中枢機能を集約しました。中央の救命救急センターとA棟の循環器病棟・B棟の脳外科脳卒中病棟が連携することにより、1分1秒を争う救命治療が機能するように配慮されています。
 ※詳細は聖隷浜松病院ホームページよりご確認いただけます。

完成した医局管理棟内の大講堂にて行われた式典の様子

  もちろん、高機能・最先端の医療を提供という質の向上に無くてはならない、職員の質、教育の大切さも実感しています。その点でも、最前線で働く職員のための環境整備も重要だと考えています。その一環として、医局管理棟の整備が行われ、院内保育所ひばり保育園の移転新築工事も先駆けて行いました。建築中の不自由な中で最善を尽くし、本当に頑張ってくれた病院職員にも、完成により少しでもよい環境が提供できればという思いです。
「ネクサス」には連結や繋がりという意味があります。地域の医療機関の皆様はじめ、ご利用者、そして職員まで“繋がり”を大切に、一層の努力をしてまいりたいと感じています。様々なことを受入れ、つながっていくことこそ、聖隷浜松病院のあるべき姿を追求し、地域の中で選ばれ続ける病院を目指すことにもつながっていくと確信しています。今後も、地域のためにご利用者のために、立ち止まることなく、改善を続けていきます。

【聖隷浜松病院】2012年日本で5番目にJCI(国際的医療機能評価機関)認証取得

聖隷浜松病院外観と右上は、
JCI認定書(2015年8月更新)

聖隷浜松病院は、JCI(国際的医療機能評価機関)による認証を2012年11月17日付けで取得しました。日本国内では5番目、関東地区以外では初めて認証取得した病院です。さらに、2015年に更新審査を受審し合格いたしました。

 詳細は聖隷浜松病院のホームページよりご覧いただけます。

JCI (Joint Commission International) とは?

米国の医療機関を対象とした第三者評価機構(元JCAHO:1961年設立)の国際部門として1944年に設立された医療機能評価機構の事を言います。本部はシカゴにあり、「医療の質を患者安全の継続的な改善」を目的として、世界各国で病院の認定審査を実施しています。JCI評価基準は全部で14章に分かれており、それぞれの評価項目において、基準が満たされているかの審査を受けます。

広報活動


  • 役員コラム 実戦躬行
  • 介護研修のご案内
  • 基本理念・使命・行動指針
  • パンフレット・社内報


Copyright(C)Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.