グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 広報活動  > パンフレット・社内報  > 役員がつづるコラム 「実践躬行」  > 理事長 山本敏博(2016年11月号-ⅰ)欧州視察レポート2(完結編)スペインの高齢者施設からの学び

理事長 山本敏博(2016年11月号-ⅰ)欧州視察レポート2(完結編)スペインの高齢者施設からの学び

【HP限定】聖隷福祉事業団の役員がつづる コラムLeader's thoughts「実践躬行」(じっせんきゅうこう)


「欧州視察レポート2(完結編)スペインの高齢者施設からの学び」 理事長 山本敏博

有料老人ホーム「ラス・ルナス」 敷地内の様子

 前回(2016年10月発信号をご参照)に引き続き、欧州視察について綴ります。ノルウェーでの視察を終え、私たちは次の目的地であるスペインのバルセロナ市に向かいました。バルセロナと言えば、1992年に夏季オリンピック・パラリンピックが開催された街であり、ガウディの有名な未完成の教会「サグラダ・ファミリア」のある街としても有名ですが、ここにとてもユニークな有料老人ホームがあると聞き見学に訪れました。
 その有料老人ホーム「ラス・ルナス」は、郊外の緑豊かな高級住宅街の中に、重厚感のある3階建ての建物として建っています。開設は2000年、戸数74戸、居室面積60㎡が標準で、施設内にはレストラン、ロビー、娯楽室、プール、ジム、健康管理室等が備わり、スペイン風の調度品がホテルのように美しく飾られています。
 玄関に入ると、ホームの女性スタッフと高齢の紳士が出迎えてくれました。この高齢の紳士は入居者であり、かつホームの代表者でした。
 このホームのユニークな所は、入居者が自らホームの運営を行っていることです。開設した民間の不動産会社は基本的に運営に関与しません。ホームには非常勤・委託を含め27名のスタッフが、厨房、清掃、フロント等の業務に携わっていますが、入居者が運営方針を話し合い、決定していくのです。
 ホームには介護サービスは存在しません。緊急時対応として看護師は24時間常駐していますが、介護が必要になれば自分でヘルパー(家政婦)を雇うか、介護サービスを提供してくれる施設を自分で探して引っ越すかなどの選択をしなければなりません。

居室の権利は分譲方式で、他人に売却しても賃貸ししても相続させても構いません。
 この様に入居者には「自己決定」が徹底して確保されていると同時に、「自己責任」を負わせている有料老人ホームなのです。「高齢期のご入居者に安心できる終のすみかを提供したい」とする日本的な有料老人ホームの考え方とは異なりますが(どちらが優れているかということとは別に)、「ラス・ルナス」の考え方も高齢者のニーズに応えるひとつの形ではないかと思います。
 日本では団塊世代が有料老人ホームの入居者となりつつあり、ニーズがますます多様化していくなかで、われわれは従来の固定観念にとらわれることなくより優れたサービスを追求していかなければなりません。スペインであれ、他国であれ、多様な考え方・先駆的な取り組みを実際の目で見て、感じることは重要であると改めて感じた次第です。

モデルルーム_リビング

共用部_リビング

油壺エデンの園が30周年をむかえました

記念式典にて

 介護付有料老人ホーム油壺エデンの園(神奈川県三浦市)が開園30周年をむかえ、11月1日に記念式典及び講演に出向きました。
ここ油壺エデンの園は、聖隷福祉事業団として初めて関東地区に開設した施設であり、現在の関東地区における事業展開の礎を築きました。現在では、聖隷横浜病院聖隷佐倉市民病院をはじめ28施設で3255名*(非常勤含む)のスタッフが関東地区の医療、福祉、介護サービスに携わっています。
 30周年記念式典には、地元三浦市の吉田 英男市長他ご来賓の皆様はじめ多くのご入居者とともに30周年をお祝いしました。さらに、記念講演では、これまでの歴史を振り返るとともに、より良いサービスの提供のため決意を新たにいたしました。  *2016年10月1日時点

式典にご列席の三浦市吉田英男市長(右)より、当園への大きなご期待をいただきました。

油壺エデンの園園長田中達也(左から4番目)を囲んで30周年のお祝いに駆け付けた聖隷福祉事業団の関東地区施設の施設長と。

【お知らせ】秘書・広報課が企画・発行する広報誌「iam...」

第4号(2016年7月発行)在宅・福祉サービス事業部 課長補佐櫻井麻美とともに。企画・発行を行う 秘書・広報課竹内絵美(左)と鈴木光(右)

 利用者さんが住み慣れた地域で暮らし続けることができますように――
女性で構成された秘書・広報課編集チームが、一際輝く「わたし」の魅力、そして聖隷の魅力をご紹介する広報誌「iam...」。2015年8月に創刊した本媒体も、今年9月発行分で、5号目をむかえました。


■次号発行予告■
第6号(在宅・福祉サービス事業部/介護職)は、2016年12月発行予定です。
なお、バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

①2015年8月発行
聖隷三方原病院 総看護部長 吉村和美
こちら
②2016年1月発行
聖隷佐倉市民病院 腎臓内科部長 藤井 隆之
こちら
③2016年2月発行
保健事業部聖隷健康サポートセンターShizuoka  副所長
(呼吸器内科医)影山善彦はこちら
④2016年7月発行
在宅・福祉サービス事業部 運営管理部 課長補佐
(事務職)櫻井麻美はこちら
⑤2016年9月発行
在宅・福祉サービス事業部 聖隷ケアセンター宝塚 所長
(ケアマネージャー)吉川和彦はこちら

広報活動


  • 役員コラム 実戦躬行
  • 介護研修のご案内
  • 基本理念・使命・行動指針
  • パンフレット・社内報


Copyright(C)Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.