グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ




小鷹 舞

1日パソコンに向かっていたり、
何かを売ったりという仕事よりも、
人とふれあう仕事をしたい。

2011年入職
(社会福祉学部 社会福祉学科卒業)

  • 2011年4月 聖隷厚生園 信生寮 配属


仕事紹介

日々の業務は障害のある方々に対し、主に排泄介助・食事介助・入浴介助を行うことです。3名の利用者さんを担当として受け持ち、ケアプランを作成したり、生活の相談に乗ったりします。今年度はその他に、食事委員やクリスマス会委員も担当しました。食事委員ではフロアでの食事に対する意見を集め、月に1度の委員会で報告・話し合いを行いました。クリスマス会委員では、イベントの企画・運営を担当しました。

職場の雰囲気

食事介助

「さいこーだぜ!!」とフロアリーダーが言っていました!新入職員、ベテラン職員が分け隔てなくフランクでいられる職場だと思います。私が話をしやすい先輩も、6期上の先輩です。職場長を筆頭に、質の高い介護を提供できるよう、日々の業務に取り組んでいます。

仕事をしてきた中で一番印象に残っている嬉しかったこと、やりがい

利用者さんの生活リズムを立て直す機会があり、その方の生活歴や施設での暮らしの様子を一から見直し、考えて考えて考えて生活スケジュールを作成したことがありました。自分が考えた生活を始めた利用者さんから、満面の笑みで「ありがとう」と言われた時には、涙が出そうなほど嬉しく感じました。

福祉業界を選んだ理由

大学で社会福祉について学び、障害分野の相談員になりたいと思っていたからです。一般企業の説明会にも行きましたが、1日パソコンに向かっていたり、何かを売ったりという仕事をするよりも、人とふれあう仕事をしたいと感じました。

聖隷を就職先として選んだ理由

楽しくおしゃべり

大規模と言われる法人の説明会の中でも、特に聖隷の説明会は雰囲気が明るく、自分もこのような雰囲気の中で働きたいと感じました。また先駆的な事業を数多く行ってきた事にもとても魅力を感じ、自分も何か新しいに取り組みに携われたらと強く感じたのを覚えています。

就職活動中の学生へ一言

期待と共に、社会人ってつらいんだろうな、人間関係大変そうだな、と不安に感じているかもしれませんが意外と大丈夫です!先輩は想像以上に優しいです!もし少しでも聖隷厚生園に興味を持って下さった方は、是非信生寮に見学に来て下さい。フロアを回りながら詳しく説明致します。私と先輩と利用者さんとで、楽しみに待っています!

Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.