グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム  > 採用情報  > ピックアップコーナー(介護職のお仕事)  > 未経験からはじめる介護のお仕事  > これからの時代に必要とされる仕事~介護~

これからの時代に必要とされる仕事~介護~

介護職ってどんな仕事?

職業を選択する際、皆さんは何を基準に選択をしますか?自分の適性や将来性など。様々だと思います。

  • でもいったい自分にとって何が適性なのか?
  • どんな職業に将来性があるのか?

今一つ分からない方も多いと思います。
そんな職業選択に迷われている方に、今回、これからの時代に必要とされる「介護職」についてご紹介します。


もしかして、向いているかも?介護職!

介護職に向いている人はどのような人だと思いますか?
インターネットや各種書籍などを眺めると、このような言葉が多いのに気付きます。

  • 謙虚
  • 思いやりがある
  • 優しい
  • 明るい
  • 慎重
  • 人の気持ちに敏感
  • 心配症
  • 見栄やプライドがない
  • 素直
  • 忍耐強い
  • 「ありがとう」という言葉に喜びを感じる 等々

いかがでしょうか?

意外なのは、心配症で人の気持ちを敏感に気にする人、いうなれば、ちょっとくよくよしがちな性格の人も介護職に向いているということです。なぜならば、自分の心の痛みに敏感な人は、他人の心の痛みにも気づきやすいからです。
聖隷福祉事業団の理念は「隣人愛」です。あなた自身のようにあなたの隣人を愛するという意味です。傷つきやすい気持ちを隣人(=相手)も同じように持っているのだ。と気づくことで思いやりが生まれます。

その他にも「あ、もしかして当てはまるかも?」と思うことが一つでもあれば、あなたは介護職に向いていると言えます。
介護職の仕事の目的は「利用される方、入居されている方の為」です。自分の性格を人のために活かしてみませんか?

進む高齢社会、拡がる介護の活躍の場

内閣府が毎年出している、高齢社会白書によると、2010年時点では5人に1人が75歳以上であったのに比べ、2055年には4人に1人が75歳以上になると予想がされています。
また、2009年には、平均寿命が男性79.59年、女性86.44年であったのに比べ、2055年には、男性83.67年、女性90.34年となるそうです。

つまり、これから人口は減っても、高齢者の割合は増えるということです。介護職に対する期待やニーズは高まり、同時に仕事の幅は広がっていくと言えます。

働き方は多種多様 ~聖隷の施設の種類~

介護職と一言でいっても、施設の種類や働き方は様々。聖隷にはどのような種類の施設があるか、代表的な施設を簡単にご紹介します。

特別養護老人ホーム

入居対象者は、原則65歳以上の高齢者で、要介護認定を受けている方です。入浴、排せつ、食事介助など、日常生活の援助、機能訓練が中心です。

介護老人保健施設

病院から退院してすぐに自宅へ戻るのは不安という方が利用する施設です。病院と自宅の中継ぎの役割を果たしているため、入所期間は短めです。

軽費老人ホーム(ケアハウス)

経済状況や家庭環境などの理由によって、家族との同居が困難な方が比較的低額で入居できる施設です。自立していることが条件となります。

障害者施設

知的障害、身体障害をもった方をお世話する施設です。就労支援など、社会復帰するためのお手伝いや相談業務もしています。聖隷福祉事業団では現在のところ主に浜松地区で事業を行っています。

ヘルパーステーション

要介護を受けた方のお宅に出向き、入浴、排せつ、食事介助、外出介助、清掃、洗濯などを行います。

在宅介護支援センター・地域包括支援センター

地域の高齢者やその家族からの相談に応じる機関です。その方に必要な福祉サービスが受けられるように行政や福祉施設、在宅サービス機関などと連絡調整を行います。

ケアプランセンター

ケアマネージャー(介護支援専門員)が、介護に関する相談に応じたり、要介護認定の申請を行う機関です。要介護認定を受けられた方に対しては、その方に必要な在宅サービスが受けられるようにご本人に合った介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。ケアマネ―ジャーの資格が必要であり、一定期間の経験を踏まえた上で、資格取得が必要です。相談業務が中心となります。

デイサービスセンター

要介護の方に施設まで来てもらい、入浴、食事、レクレーション、リハビリなどを中心に、日中のみ過ごしていただく施設です。普段のご自宅での生活を離れて、利用者同士や職員との交流を楽しんでいただく目的もあります。送迎等も行います。

ショートステイ

普段はご自宅で過ごしている要介護の方に対し、短期間のみ入所して入浴、排せつ、食事介助など、日常生活の援助を行う施設です。ご家族が長期不在になる際などにも利用されます。

有料老人ホーム

入居時に自立していることが条件であるタイプと、要介護であることが条件のタイプがあります。設備や環境が充実しており、マンションのように管理費等が必要となります。入居時自立のタイプでは、健康な時は、通常のマンションのように居住し、要介護になった際には、同じ建物内の介護居室で過ごしていただきます。

夢のある将来

長く働く中で、その働き方も変わっていきます。聖隷福祉事業団では様々な種類の施設があるため、本人のやる気に応じて様々な経験ができます。
当初は特別養護老人ホームや障害施設を経験し、資格を取って相談業務に就く。という道もあれば、ゆくゆくは施設長になる方もいるかもしれません。
はたまた、資格取得のための講師や、新規施設の立ち上げスタッフになる事も。
もちろん、身体介護のプロフェッショナルになる道もあります。
自分なりの道を切り開いていくことができるのは、様々な施設を持つ聖隷ならではの特徴です。

人事担当者イチオシのホームページ

  • ヘルプマンジャパン
    http://helpmanjapan.com/
    ※これからの介護をつくる人たち。知らなかった「ありがとう」が見つかる。


Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.