講座日程・内容等

平成29年度第2回「キャリアアップ研修」お申込み受付中です!

今年度も「キャリアアップ研修」は、楽しく学ぶ場の提供、科学的根拠の有る研修をめざし、以下の内容としました。

講座日程

 開催日時  テーマ  講師(資格)  内容
第1回 2017年9月1日(金)
9:00~12:00
※盛況のうちに終了しました※
認知症の方に
優しい気持ちで接したい
相澤 晴代 氏


【保有資格】 
看護師
ケアマネジャー
タクテイールケア認定者
ユマニチュード研修修了
<こんな方におすすめ>
認知症の方とのコミュニケーションにお困りの方、悩んでいる方 


認知症の方とコミュニケーションをとりたい。
しかし、一生懸命に接しているけど思うようにいかないことはありませんか?

介護者が認知症や認知症の方を理解することで、コミュニケーションがとれ、介護者が優しい気持ちでケアができるようになる方法を学びます。
これからのお仕事や生活に活かしてみませんか?


第2回 2018年2月2日(金)
9:00~12:00
疲れを癒す
~体をととのえる方法~
高山 加奈子 氏

たかやま鍼灸院院長

【保有資格】
看護師、鍼灸師
<こんな方におすすめ>
自分自身で疲れを癒す方法や健康を維持するために役立つ生活のしかたを知りたい方


介護は身体が基本です。
介護をする方もされる方も、体調を整えるために日々できることを東洋医学の視点から学びます。

第1回 認知症の方に優しい気持ちで接したい

今回は、相澤晴代氏を講師としてお招きしました。
看護師、ケアマネジャー、タクテイールケア認定者、ユマニチュード研修修了など、さまざまな資格をお持ちの先生です。

35名と多くの方々にお越しいただきました。

まず、認知症の基本を学びました。
脳のどの部分に障害があるかで現れる症状が違います。
認知症の方々が、どんな気持ちをもって生活しているのかを知ることも大切です。

認知症ケアのステップを実際にやってみました。
①ドアを3回ノック、返事がない時3秒待つ
②それでも返事がない時は、もう一度ドアを3回ノックして3秒待つ
③それでもまだ返事がない時は、1回ノックして、声をかけて部屋に入る
④返事がない時は、ベッドボードを1回ノックする
認知症の方と出会う際、訪問の許可をとることも丁寧に行います。

目線を合わせることの大切さも知りました。
視界が狭くなっている場合、目線を合わせるにはどうしたらいいか考えなくてはいけません。
目線を合わせることは、日々、意識していますが、実際に行ってみると驚きです。

受講者の声
・目線の重要さ、声かけの方法など、仕事に活かしていきたいです。
・分かっているようで分かっていないところや慣れなどからケアが雑になってしまっていたが、他の職員に伝え、皆で楽しくケアをしていきたいと思いました。
・ご利用者様にどうしたら安心していただけるか考えるきっかけになりました。
・実践形式だったので、職場で活かせそうです。

「目線を合わせるには、どうしたらいいでしょう?」

安心できるように、ご利用者様の視界に入って笑顔でお話ししています。