健康経営への取り組み

 聖隷福祉事業団は、職員とその家族の健康を第一に考え、心身ともに健やかでいきいきと過ごせるよう支援をしています。その取り組みを行う決意・行動指針として「聖隷健康経営宣言」を策定しています。

聖隷健康経営宣言

 聖隷福祉事業団の事業の根幹は人材です。
 私たちは、「保健・医療・福祉・介護」サービスを通して地域社会に貢献することを使命としています。そのためには、職員一人一人の心身が健康で、個性や能力を最大限発揮することが不可欠であると考えます。
  聖隷福祉事業団は、聖隷健康保険組合と協力し、職員とその家族の自発的な健康維持増進活動に対する支援と組織的な健康づくりを推進し、職員が健康でいきいきと働ける組織づくりに努めることを宣言します。

2017年9月
社会福祉法人 聖隷福祉事業団
理事長  山本 敏博

【健康経営推進体制】

 全事業団的に「健康経営の推進」を図ることを目的とし、理事・総務担当常務執行役員を委員長に、各事業部の部長、事務長、健康保険組合事務長のメンバーで「健康経営推進委員会」を構成し、職員の健康保持・増進への取組みの情報共有及び課題の把握と改善についての検討を行っています。

【重点施策】

■生活習慣病などの疾病の高リスク者に対する重症化予防
 健康診断、人間ドックの受診後の再検査受診率100%によるリスク改善
■メンタルヘルス不調等のストレス関連疾患の早期発見・対応
 ストレスチェック受診率100%によるメンタルヘルス不調の早期発見と職場環境改善
 (2016年度受診率:76.4% 2017年度受診率:81.9%)
■労働時間の適正化、ワークライフバランスの確保
 仕事の生産性、効率性向上への取り組みとワークライフバランスの推進による平均勤続年数12年への延伸