在宅サービス

聖隷の在宅事業は、病院の看護師が気管切開し胃管カテーテルをつけて退院した患者さんを心配してボランティアで訪問看護したことが始まりでした。「いつでも安心して任せられる在宅ケアシステムづくり」を基本方針に、現在、ケアプラン作成、訪問看護、訪問介護、通所介護、通所リハビリ、福祉用具のレンタル・販売事業などを行っています。