総合病院 聖隷三方原病院

この地域にしっかりと根ざし、
        住民に信頼される病院づくり

キリスト教精神に基づく「隣人愛」を基本理念に掲げています。

聖隷の原点に溯る当院は、ドクターヘリを擁する高度救命救急センターなどの超急性期医療から、重症心身障害児(者)の慢性期医療までを、幅広く受け持っています。
「聖隷三方原健康福祉タウン」の中核施設として、内外の関係機関と連携し、地域住民の方々の健康を守っています。

基本情報

所在地 〒433-8558 静岡県浜松市北区三方原町3453
電話番号 053-436-1251 FAX 053-438-2971
開設日 1942年12月24日 定員・定床数 934床
施設種別
  • 医療保護施設
  • 助産施設
  • 居宅療養管理指導事業
  • 訪問看護事業
ホームページ こちらをご覧ください

病院外観

ドクターヘリ

アクセスマップ

googleMap
より大きな地図で 総合病院 聖隷三方原病院 を表示

施設の特徴

高度な先進医療

内視鏡手術支援ロボットを用いた手術

地域の基幹病院として患者さんに充実した医療を提供すること、医療界をリードする先進的な医療技術を研鑽し、全国の病院に広めていくことを目的に、常に先進的な医療をめざしています。

聖隷ホスピス

緑に囲まれ季節感ある病棟

1981年、日本で初めて独立した病棟としてホスピスを開始。現在では緑に囲まれた環境の病棟で、患者さんご本人の意思を尊重した緩和ケアを提供しています。

院内助産所「たんぽぽ」

家族の立会いも可能な畳敷きの
「お産の部屋」では多くの新しい命が
誕生しています。

2009年、助産師のサポートによる「あたたかなお産」を実現するためにスタート。ご家族の立会いも可能な畳敷きでアットホームな「お産の部屋」では、多くの新しい命が誕生しています。

聖隷おおぞら療育センター

聖隷おおぞら療育センター玄関

小児期に発症した重症心身障害児(者)を支援する施設として、障がいに即した医療と質の高い生活を提供しています。入所の他、在宅のご利用者とそのご家族を支えるため、ショートステイや通所サービスを行っています。

聖隷おおぞら療育センター