聖隷福祉基金・聖隷福祉公益事業推進基金

聖隷福祉基金とは

聖隷福祉事業団の事業は、いつの時代にも命の尊厳と基本的人権を守り抜くために進められてきましたが、事業は困難を伴うことも多く、しばしば厳しい局面に立たされたこともありました。けれども厳しい現実を抱えながらも聖隷が行う福祉事業には常に新しい発想がありました。
しかしながら新しい発想と制度の枠組みを超えて行われる事業は先駆的・開拓的であるほど法人の持ち出しも多く、公的に援助を期待することも殆ど出来ません。新しい福祉の課題に対して積極的に取組むために常に開拓的、先駆的な事業の展開を図るために、そして何よりも、今、最も必要とされる福祉のニーズに即応するための大きな力となることを願い、1986年に「聖隷福祉基金」が設立されました。

聖隷福祉公益事業推進基金とは

聖隷福祉事業団の社会福祉及び公益を目的とする非収益事業に資するための整備等を行うことにより、社会福祉事業及び公益事業の更なる推進を図り、地域に貢献することを目的とし、設立されました。本基金は、収益事業で得た所得の一部を非収益事業へ積み立てることとして財源を確保しています。