役員がつづるコラム 「実践躬行」

【HP限定】聖隷福祉事業団の役員がつづる コラムLeader's thoughts「実践躬行」(じっせんきゅうこう)

 1都8県で事業を展開する聖隷福祉事業団には、理事長はじめそのほか役員が担当部門を持ち日々の業務にあたっています。彼らは、ご利用者のことはもちろん、154施設で働く13,000人以上もの職員のこと、「社会福祉法人としての使命とは何か?」、そして少子高齢化など事業を取り巻く社会環境まで日々想いを巡らせています。
 そんな経営陣の中でも、法人本部(静岡県浜松市)に在席している役員を中心に、毎月1名ずつ月替わりで、日々の「想い」・「行動」をありのままにつづっていきます。

■タイトルの「実践躬行」(じっせん-きゅうこう)とは…
意味:身をもって実際に行うこと。口先だけではいけない 、まず行動せよの意。理論や信条を自ら進んで行為にあらわしていくこと。 「躬」は 自分でという意味。「躬行実践(きゅうこうじっせん)」とも言う。
理事長山本敏博の座右の銘でもあり、聖隷福祉事業団の役員が大切にしている”実践する姿勢”を表した四字熟語を本ページのタイトルとしました。
■企画・発行
法人本部 総合企画室 秘書・広報課(MAIL:hq-pr@sis.seirei.or.jp
TEL:053-413-3292  FAX:053-413-3315

【最新号】常務執行役員 鎌田裕子(2017年9月号-ⅱ)魅力ある組織にむけて~新人事制度策定にあたり~

常務執行役員 鎌田裕子
※画像をクリックすると最新号がひらきます。

NEW
2017年9月25日(月) UP!!
「魅力ある組織にむけて~新人事制度策定にあたり~」
      はこちらからご覧いただけます。

なお、バックナンバーは下記リンクよりご覧いただけます。

■「実践躬行」発信履歴