理事 日下部行宏(2016年9月号-ⅱ)移転・新築を経て聖隷淡路病院の進むべき未来とは…

【HP限定】聖隷福祉事業団の役員がつづる コラムLeader's thoughts「実践躬行」(じっせんきゅうこう)

「移転・新築を経て聖隷淡路病院の進むべき未来とは…」 理事 日下部行宏

2014年4月 淡路市岩屋から夢舞台へ新築・移転した聖隷淡路病院

 人事企画部と聖隷淡路病院を担当しています、日下部です。今回の「実践躬行」は、聖隷淡路病院の担当役員となって早半年、聖隷淡路病院の現在の取組みについて決意を込めて綴ります。
 聖隷淡路病院について、ご紹介しますと、国立明石病院岩屋分院からの経営委譲を受け、1999年に聖隷福祉事業団として初めての療養型・浜松以外での病院事業の展開を行い、さらに2014年、聖隷初の稼働中の病院の移転・新築も行いました。「初めてづくし」の聖隷淡路病院の運営は、決して平たんではなく、移譲から17年たった今も赤字経営が続き、まさに試行錯誤の連続です。

法人本部(静岡県浜松市)の私の執務室にて

 私が担当役員になってからは、月に2回ほど浜松から新幹線・電車・船を乗り継いで、往復7時間かけて淡路島に通っています。それでも足りず、浜松での人事担当役員としての仕事の傍ら、四六時中、聖隷淡路病院のことで頭がいっぱいな日々です。
 私自身は、放射線技師として、聖隷浜松病院聖隷三方原病院で技師長を務め、聖隷浜松病院の事務長として高度急性期病院の経営に携わってきました。病院の運営・経営に携わって得た知識・経験・何なら人脈まですべてをこの聖隷淡路病院の経営改善のために使いきる覚悟です。なぜならば、質の高い医療の提供には、絶対に安定した経営が必要だからです。診療科の充実、救急医療の強化、保健事業の拡充などを行い、地域の医療機関、福祉施設、在宅サービスとの連携強化に向けて、これまで以上に取り組んでいるところです。
 現場の職員の「これがやりたい!」、「今、患者さんにこれが必要なんだ!」という現場の声を反映させ、聖隷淡路病院があってよかったと、地域の方に感じていただくこと。まさに、地域の方々が本当に望んでいるサービスを提供し、地域のみなさんが安心して淡路島に暮らし続けられるように力を尽くすことが私たちの役目です。

9/14聖隷淡路病院出張時には職員への声掛けは欠かしません。
赴任したばかりの薬剤師稲垣啓太に「頑張れよ!」と激励しました。

 聖隷淡路病院が目の当りにしている、高齢化・過疎化・医師不足は、日本全国多くの地域医療が抱える深刻な課題です。その中でも、私たちは、社会福祉法人として、そこで求められるサービスを柔軟に提供できる組織でなければなりません。時代・地域によって異なるニーズに対し、決して1つではない答えを見出し、実践すること。それが私自身の職業人生としての「実践躬行」でもあります。
 聖隷淡路病院の挑戦は、決して容易ではない分、この取り組みは私たちの今後の事業展開や地域にやさしい経営のモデルになると考えています。この挑戦は、聖隷淡路病院の挑戦でもあり、私自身に課せられた使命として、取り組んでいます。

【聖隷淡路病院×ウェスティンホテル淡路】リゾートステイでゆったり過ごす人間ドック

聖隷淡路病院から車で約5分。高級リゾートホテル 
ウエスティンホテル淡路

このたび聖隷淡路病院では人気の高いお勧めの健診内容(主に“がん”や“脳”の疾患)とウエスティンホテル淡路での宿泊をパッケージングした宿泊付き1日人間ドックプランを設けました。ウェスティンホテル淡路での快適な時間を過ごしながら、ご自身の健康状態を再確認に、是非ご利用ください。
[主な検査項目]
・一般的人間ドックの検査
・脳の検査(MRI・MRA・頸動脈超音波検査)
・がんの検査(胸部x線直接投影[肺がん]、肺ヘリカルCT[肺がん]、腫瘍マーカー 〔膵臓がん・肝臓がん・消化器がん・肺がん・前立腺がん(男性)、 卵巣がん(女性)〕、 ABC検診[胃がん]、便潜血


【ご予約について】
1日人間ドックプランは宿泊を伴うプランのため、ご予約に関してはウェスティンホテル淡路のホームページより
お問い合わせください。

その他)聖隷淡路病院での人間ドック・健康診断のご予約はこちらから

総合受付にて予約される方は、窓口の職員にお気軽にお声かけください。
※画像をクリックすると聖隷淡路病院ホームページが開きます。

上記のウエスティンホテル淡路のプラン以外にも、聖隷淡路病院では各種健康診断・人間ドックを実施しております。
受診希望日が決まりましたら、早めに電話でお申し込みをお勧めしております。

放射線技師の私が、是非お勧めしたいのは、期間限定『土曜日 脳MRI健診』です。


・予約専用フリーダイアル)0120-010-489
・受付時間)月曜日~金曜日 8時30分~16時30分
・予約方法)お電話または聖隷淡路病院総合受付にて

【聖隷淡路病院】常勤医師・非常勤医師を募集しています。

(写真)外来待合スペース

2014年に新築・移転し、淡路島北部の中核病院として市民の方々に大きな期待を寄せられています。新病院では1.5TMRIや64列マルチスライスCTなど最新の機器も導入され、一回り拡大した+αの医療が展開できるようになりました。淡路島という恵まれた環境の中、産科医療そして高齢者に向けた医療から急性期医療まで、患者さまに寄り添った医療を展開している当院で、共にご自身の専門性を生かした医療を行なって頂ける先生方を大歓迎しています。
仕事の内容に関しても、まずはご希望の働き方をお聞かせ頂き、ご要望に沿う形で作りあげていきたいと考えています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先)
  お電話:0799-72-3636またはメール:s-hiroto@sis.seirei.or.jp にて
  担当:事務課廣戸まで