グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 特色と取り組み  >  重度後遺障害者短期入院協力事業

重度後遺障害者短期入院協力事業

NASVA認定の「短期入院協力病院」についてのご案内です。


短期入院協力病院とは

NASVA(独立行政法人自動車事故対策機構)において認定した「介護料受給資格」を持つ在宅で療養生活を送る重度後遺障害者の短期入院の受け入れを積極的に行う、国土交通省が指定した一般病院です。

当院は国土交通省の「短期入院協力病院」として指定されております。
自動車事故が原因で在宅介護を受けておられる重度の後遺障害者の方が、短期入院をいただける制度です。

当院の受け入れ態勢

対象者
NASVAの介護料受給者の方(脳損傷、脊髄損傷の特Ⅰ、Ⅰ種、Ⅱ種)

受入期間
1回の入院は原則2日以上14日以内、年間で45日まで利用可能です。受け入れは1ヶ月1名です。病室はリハビリテーション科の個室です。

関係職種
リハビリテーション科医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、音楽療法士、医療相談員 等

申し込み方法、空き病床の確認方法
医療相談室 TEL 053-439-9046


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?