グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 特色と取り組み  >  倫理委員会(臨床研究)

倫理委員会(臨床研究)

臨床研究に関して、倫理委員会の取り組みのご案内です。


臨床研究とは

患者さんにご協力頂き、病気の原因の解明、病気の予防・診断・治療の改善、患者さんの生活の質の向上などのために行う医学研究を指します。

委員名簿

委員長
木部 哲也小児科・副院長
副委員長森田 達也緩和支持治療科・副院長
 奈良 健司血液内科・部長
吉村 浩美総看護部長
佐久間 由美看護部・課長
笹ヶ瀬 容子医療相談室・課長
柴山 芳之薬局長
中村 重彦事務部・次長
外部委員辻 慶典 
平井 章 
森 一恵 
事務局藤井 明子医療相談室


NCD(一般社団法人National Clinical Database)外科手術・治療情報データベース事業

当院は、2011年1月1日より一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施する外科手術・治療情報データベース事業に参加します。
NCDとは、多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するために設立された一般社団法人です。
 本事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。全国の医療施設診療科の情報を収集することで、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な外科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の、死亡・合併症の危険性などを明らかにすることができます。

 情報収集の対象は、日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術術等の各種治療やその方法等となります。検査が追加されたり、治療が変更されたりするなど、診療自体に影響が出ることはありません。また、これらの情報は、それ自体で患者さん個人を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。 本事業の目的をご理解いただき、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 登録対象となるのは、2011年1月1日以降に、当院の下記診療科で手術・治療を受けた全ての方を対象としています。
 外科・呼吸器外科・消化器外科・心臓血管外科(日本成人心臓血管外科手術データベース機構JACVSD)

○本事業のデータベースへの登録をご希望でない方は、お申し出下さい。
当院では「教育・研究における診療情報使用に関するお願い」にて情報使用に関する意向を確認しておりますが、本事業には反映されません。本事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否していただくことができます。その場合は、受診された診療科担当医にお申し出下さい。なお、登録を拒否されたことで、日常診療において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

連絡先:聖隷三方原病院  電話: 053-436-1251(代表)

NCDのホームページはこちら
JACVSDのホームページはこちら



臨床研究情報


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?