グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 診療科のご案内  >  腎臓内科

腎臓内科

診療科責任者、主な診療、専門領域などについてのご案内です。


このページの目次


診療科責任者

松島 秀樹 部長

松島 秀樹 部長


主な診療、専門領域

腎生検による腎炎の組織学的診断と治療、慢性腎臓病及び急性腎障害の診断と治療、透析用バスキュラーアクセスの作成手術、血液透析の導入、各種血液浄化療法、透析患者の合併症の治療、維持透析患者の管理を主な業務としています。



外来

月曜日から木曜日までの初診、再診外来をおこなっています。血液透析は、月曜日・水曜日・金曜日の午前及び夜間、火曜日・木曜日・土曜日の午前に行っています。



スタッフ

 職位卒年専門領域/認定医/専門医
松島 秀樹部長1989年日本腎臓学会認定専門医/指導医
日本透析医学会専門医/指導医
日本内科学会認定医/指導医
臨床研修指導医講習会修了
杉浦 剛医長1997年日本透析医学会専門医/指導医
日本内科学会認定医
橋本 紘幸医師2013年 
2017年9月1日現在


治療成績

2016年度は、腎生検30例、バスキュラーアクセス形成手術40例、血液透析導入41例、他院からの合併症を有した透析患者の受け入れ199例、及び常時約100名の維持透析患者の管理を行いました。特に進行性腎炎の診断・治療に力を入れてきており、精神科病棟や結核病棟を有する透析可能な施設としても、近隣の病院からの依頼に対応してきました。



クリティカルパス

クリティカルパスは、入院中の治療や検査等、標準的なスケジュールをご説明した経過表です。
現在当科で実際に使用されているクリティカルパスについてはこちらをご覧ください。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?