グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 診療科のご案内  >  放射線治療科

放射線治療科

診療科責任者、特殊医療機器、スタッフなどについてのご案内です。


このページの目次


診療科責任者

部長 山田和成

部長 山田和成



概要または責任者から一言

 当院では1980年より放射線治療を開始しておりましたが、地域がん診療連携拠点病院指定に伴い放射線治療充実のため、2006年4月新治療設備導入、放射線治療専門医を配置し、独立診療科として開設いたしました。
言うまでもなく、日本人の死因のトップは癌であり、社会の高齢化に伴い罹患率、死亡率ともに上昇を続けています。癌は体中のどの組織からでも生じます。また統計では一生のうち、ふたりにひとりは癌に罹患します。すなわち癌は誰もが罹患する、最も多い病気であるといえます。
癌の主たる治療法は手術、放射線治療、化学療法(抗癌剤)の三つであり、放射線治療はその一翼を担っています。米国では癌患者のおよそ半数が放射線治療を受けていますが、日本では専門医・技師・物理士などの育成の少なさもあり、普及が遅れていました。放射線治療の特徴は、手術と同じ局所療法でありながら、臓器の形態や機能を温存でき、全身療法である化学療法と異なり、病巣以外への影響が少なく比較的低侵襲の治療が可能なことです。「身体に優しい治療法」「切らずに治す治療法」として高齢者にも広く適応されます。近年のコンピューター技術の急速な発達に伴い、放射線治療も一昔前とは様変わりしました。このたびの新型リニアック(直線加速器)では、旧型機ではできなかった癌病巣にビームを集中させた、より高精度で副作用の少ない照射法が可能となりました。
当科は他の癌診療科と連携し、治癒可能な病期ではより治癒後の生活の質(QOL)が高い治療を、治癒不能な病期では身体に負担なく症状の緩和が得られるように、より良い癌診療を地域の皆様にご提供することを目指しています。


新治療機Novalis Tx導入について
 2010年5月末より新設された放射線治療棟へ移転し、放射線治療装置2号機として国内5機目、静岡県初となる最新高精度放射線治療機Novalis Tx(ノバリスTx)を導入しました。


 Novalis Txは汎用リニアック(米国・バリアン社 Trilogy)に脳外科手術ナビゲーションシステムを主に開発しているドイツ・ブレインラボ社の高精度画像誘導システムと微細なビーム射出部開口部しぼり(マイクロマルチリーフ)を統合した最新型の放射線治療機です。

特徴:通常の単純照射から最先端高精度放射線治療までなんでもできる。

 このNovalis TxのX線ビームを射出する開口部絞り(マルチリーフ)は2.5mmきざみで微小なものから40cmの広範囲までをカバーします。刻々と変化する人間の身体の動きに対応するため、3種類の画像誘導装置を備え、治療寝台上で体表の動きを赤外線で、骨格の動きをX線透視画像で、内部臓器の動きをCT横断像で把握し、コンピューター計画時との誤差を0.1mmの精度で位置座標を算出。算出したずれをロボット寝台が毎回、自動的に補正し精密な治療を実現します。また呼吸運動のリズムにあわせビーム発射を行う呼吸同期機能も備えています。従来機では頭部の定位放射線治療(ラジオサージェリー・ピンポイント照射)で1mm以内の誤差を確保するためには頭蓋骨のピン固定が必要でしたが、新型機では不要となりました。
 治療計画コンピューターも最新バージョンに更新され、頭部のみならず全身の腫瘍に対し高精度放射線治療(定位放射線治療、強度変調放射線治療:IMRT(回転IMRT RapidArcを含む)、画像誘導放射線治療:IGRT)が可能となります。
 高価な高精度医療機器もコンピューター同様、使いこなせなければただの箱です。保守管理が複雑な分、事故のリスクがあがりむしろ有害ともいえます。また腫瘍ごとに異なる自然史を理解せず、やみくもに画像に描出される領域のみ照射するだけでは、まともながん治療とはいえません。専門医とともに医学物理士、放射線治療品質管理士を配置、スタッフも増員し、より安全な体制の構築に努めてまいります。



Novalis Tx の特徴

2.5mm マイクロマルチリーフ HD120mMLC
 ビーム射出口のしぼりは2.5mm刻みで微細照射野から22 x 40cmの大照射野までほぼ全ての治療状況を可能とします。

<中央8cmが2.5mm幅。上下7cmが5mm幅
合計120枚のリーフが微小な精密照射野から大照射野までをカバーする>

画像誘導(IGRT)機能
 On-Board Imaging 装置 (OBI)
 OBIは治療機側面に連結したX線透視装置で、治療寝台上で放射線照射を受ける状態での治療位置照合を可能とします。また、回転撮影することにより寝台上で治療直前のCT画像 (CBCT : cone-beam CT)も取得できます。これによりX線透視では見えない軟部臓器や腫瘍病巣の動きを詳細に観察することが可能になり、治療の精度をさらに高めることができます。


CBCT画像の例(前立腺)
治療計画時との画像と治療寝台上でのずれをCT画像で確認
内部臓器や腫瘍の動き調節することが可能  精度1mm

ExacTrac X-Ray / Robotic 6D couch
 治療機本体とは独立して、天井、床に固定・埋設した赤外線カメラと2方向からのX線撮影の2つの位置決め機構により、体表および骨格のコンピューター計画時と位置ずれ量を正確に算出します。誤差の算出精度は0.1mm。そして、位置ずれ量に応じて、ロボット寝台が自動的に移動して修正します。
このシステムにより、自動かつ高精度に位置補正が行え、治療時間も短くできます。


Eclipse Ver. 8.6(バリアン社) / iPlan Ver. 4.1(ブレインラボ社)

回転IMRT(Rapid Arc)計画も可能
中咽頭癌例 左右の唾液腺を守るIMRT
通常IMRTよりさらに分布が改善


放射線治療科概要

 2010年度2011年度2012年度
新規患者数(新患人数)300348318
199211201
101137117
放射線治療患者実人数
(新患+再患)
404466506
年間のべ治療人数7,0838,1757,816
のべ治療件数(部位数)7,9339,3529,067
のべ治療門数30,99838,86336,960

新規患者疾患内容


 2010年度2011年度2012年度
脳腫瘍879
頭頚部腫瘍91812
肺・縦隔105155151
うち肺癌100149142
乳癌415542
消化器系695741
食道癌15145
胃・腸221818
肝胆膵322518
泌尿器系502446
前立腺癌442446
膀胱癌4-5
腎癌112
婦人科癌4179
血液リンパ9107
悪性リンパ腫796
骨髄腫211
その他551

新規患者内容


 2010年度2011年度2012年度
根治照射177196177
緩和照射123152141
脳転移687399
骨転移858796

特殊放射線治療
2010年度2011年度2012年度
肺定位照射273453
体幹部定位照射(肺以外)81011
頭部定位照射
535282
前立腺I-12510-1
Sr-89内用療法953
強度変調放射線治療(IMRT)344459

スタッフ

 職位卒年専門領域・認定医・専門医
山田和成部長1991年
日本医学放射線学会認定専門医・指導者
日本放射線腫瘍学会認定医
日本がん治療認定医機構による暫定教育医
日本がん治療認定医機構によるがん治療認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本食道学会食道科認定医
臨床研修指導医講習会修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本乳癌学会認定医
森 雅紀医長2002年日本緩和医療学会専門医
日本内科学会認定内科医
臨床研修指導医養成講習会修了
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修履修
内科専門医(アメリカ)
ホスピス緩和医療専門医(アメリカ)
腫瘍内科専門医(アメリカ)
血液内科専門医(アメリカ)
2016年4月現在

医師以外のスタッフ

・放射線治療専任技師7名
 うち 医学物理士 2名

・放射線治療併任看護師 4名
 うち 放射線療法認定看護師 1名



放射線治療科特殊医療機器

放射線治療装置

1号機Clinic 21EX (バリアン社製)

2号機Novalis Tx
(バリアン社・ブレインラボ社)


治療計画コンピューター 
 Eclipse Ver.8.6(バリアン社)
 iPlan Ver.4.1(ブレインラボ社)


 

放射線治療専用CT
 LightSpeed RT16 (GE社)
 Advantage SIM (GE社)

CTシミュレータは、治療計画(どのように放射線を照射するか)を行うシステムです。体内にある病変と正常臓器情報を取得し、正常組織を避けながら腫瘍に集中して照射できるより最適な手法を患者個々に検討します。また、腫瘍の動きを加味した「4次元 CT」の 撮影が可能となり、肺や上腹部のように呼吸により大きく動く部位で、腫瘍や正常臓器の動きを考慮した治療計画を行うことができます。

前立腺癌密封小線源永久挿入治療装置
 VariSeed Ver.8.0 (ユーロメディック社)
早期前立腺癌に対し小さなヨウ素(I-125)の棒状線源を会陰部から埋め込むことによって、低侵襲で障害の少ない根治治療が可能となりました。経直腸超音波誘導下に前立腺内に放射線ヨウ素の入ったチタンカプセルを60-100個埋め込みます。カプセルから非常に弱いエネルギーの放射線が前立腺近傍のみにゆっくりと放出され、癌を治療します。周囲への被爆もなく、通常3泊4日入院での治療となります。


前立腺癌密封小線源永久挿入治療装置



有痛性多発骨転移に対する非密封小線源治療
塩化ストロンチウム-89(メタストロン注)
 2008年2月6日付で当院は静岡県初となる新核種ストロンチウム-89(Sr89)の使用認可がおりました。ストロンチウム-89は有痛性骨転移を有する癌患者の疼痛緩和を目的として開発された治療用放射線医薬品です。本薬は標準的鎮痛薬では除痛が不十分で、外部放射線治療が適応困難な多発性骨転移の骨性疼痛の緩和に適しています。
ストロンチウム-89という物質からはベーター線という弱い放射線が周囲に放出されます。放出されるベーター線は平均3ミリほどの範囲までしか届きません。ストロンチウムは骨の成分であるカルシウムと性質が似ているため注射されると骨に運ばれ、がんにより代謝が活発となった骨転移部位に長くとどまり、転移部位のみに放射線があたることによって痛みがやわらぐと考えられています。


学会認定等

日本放射線腫瘍学会認定協力施設

日本医学放射線学会専門医修練機関



用語解説

下記の添付ファイルにて用語解説をご覧いただけます。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?