グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 診療科のご案内  >  精神科

精神科

診療科責任者、外来診療、入院治療などについてのご案内です。


このページの目次


診療科責任者

西村 克彦
精神科 部長



精神科の沿革

1971年9月精神科外来を開設
10月精神科病棟が併設 
精神科病院と総合病院の両方の機能を兼備
1995年静岡県西部で精神科救急の輪番制(輪番病院)が始動
1996年8月新築の病棟6階と5階に精神科病棟が移転
1998年8月静岡県西部精神科救急の基幹病院として始動
2003年12月精神科救急入院料の許可を取得
2008年4月静岡県精神科救急身体合併症対応事業における身体合併症対応施設として県より委託を受ける
2012年11月身体合併症病棟の改修工事 12床の合併症ユニット完成

対象疾患と診療内容

統合失調症、双極性感情障害、神経症、ストレス関連障害、摂食障害、認知症における周辺症状などを治療対象としています。また、身体科の治療チームの一員として、一般診療科で治療中の方の心理・社会面・倫理面の評価および治療を行っています。
身体疾患治療中の患者さんにつきましては、身体科と連携したチーム医療を実践しています。

なお、依存性疾患および児童精神疾患につきましては、専門医不在のため他施設を紹介させていただくこととなります。
診察は完全予約制をとっています。

精神科の役割

(1)精神科救急医療
静岡県西部地区における精神科救急基幹病院として、地域における輪番病院と協力体制を組み、迅速かつ適正な医療の提供を目標としています。
原則24時間365日、電話相談対応および救急診療が必要な精神疾患を有する方の受け入れ体制を整えています。特に夜間、休日は確実な対応を心がけ、的確な医療の提供に努めています。
なお、平日日中につきましては、緊急入院のための病床を常時一定数確保する必要があるため、病棟状況により他の医療施設をご紹介する場合がございます。ご了承下さい。

(2)精神科身体合併症医療
入院治療を有する程度の身体疾患の併存がある場合、専門の診療科における身体疾患治療が優先されます。
静岡県は東部、中部、西部それぞれのブロックにおいて、精神疾患を有しながら身体合併症を併発した方に対して医療を提供できる施設を複数箇所有しています。まずはお住まいの地域にてご相談ください(詳しくは最寄りの保健所にお問い合わせください)。
これらの医療施設で対応困難な場合、静岡県における身体合併症対応施設として、全県下の依頼に対して可能な限りの受け入れを行っております。

(3)地域精神医療
地元のクリニックとの医療連携、近隣施設への診療支援、保健所での精神保健相談、リハビリ目的の精神科デイケアなどにも力を入れています。
近隣メンタルクリニックにおいて通院治療中の方が図らずも入院治療が必要となった場合、ご紹介により随時入院をお受けしております。緊急を要する場合はその旨お伝え下さい。入院治療により症状が改善された方につきましては、かかりつけのクリニックにお戻りいただきます。
当院精神科は入院治療が必要な方の受け入れを最優先としております。病状やお住まいの地域などの状況により、近隣のクリニックなどをご紹介させていただくことがあります。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

(4)当院で提供可能な専門医療
①治療抵抗性統合失調症に対するクロザピン薬物療法
治療抵抗性統合失調症の定義に該当する方が対象となります。
投与開始時に厳密な身体管理を要するため、導入開始のために一定期間入院していただく必要があります。
②修正型電気けいれん療法
手術室において麻酔科医立ち会いの下で行なわれる通電療法です。
適応疾患としては、大うつ病性障害、双極性感情障害、昏迷・亜混迷状態あるいは緊張病状態にある統合失調症などの方があげられます。
治療のために一定期間入院をしていただく必要があります。
他医療施設入院中の方で適応となる方につきましては、当院外来を受診していただき評価をさせていただきます。その際にはかかりつけ医療施設からの紹介が必要となります。
適応であると判断された場合は、必要な検査を外来で行い、治療期間のみ当院にて入院をしていただくことになります。
修正型電気けいれん療法による治療が終了いたしましたら、かかりつけ医療施設にお戻りいただきます。

リエゾン・腫瘍精神科の役割

(1)リエゾン・コンサルテーション
身体科の治療チームの一員として、一般診療科で入院治療中の方の心理・社会面・倫理面の評価および治療を行います。
主治医である身体科の医師や、病棟の看護師と連携(リエゾン)することにより、より望ましい治療環境を提供することが可能となります。多職種での介入が必要な場合はリエゾンチームと共同して治療にあたります。
原則として一般診療科の病棟に入院治療中の方が対象となります。主治医からの依頼により適宜介入いたします。

(2)がん治療における精神症状の評価、治療
精神腫瘍医(サイコオンコロジスト)が、がん治療中の患者さんとそのご家族の精神心理的な苦痛の軽減、および療養生活の質を向上することを目的とした治療を行います。精神腫瘍医とは、がんの治療に精通し、患者さんとご家族の支援に対して、専門的なアドバイスと最適な薬物療法を提供する知識と技術をもった専門家です。
主治医からの依頼により、緩和ケアチームとして介入いたします。外来、入院いずれの場合も対応可能です。

精神科診療の概要

(1)スタッフ:精神科医師8名(うち精神保健指定医6名、後期研修医2名)、精神科看護師39名、精神科専任薬剤師2名、精神保健福祉士3名、臨床心理士3名、作業療法士2名の構成。
(2)病棟104床:精神科救急入院料認可病棟44床、精神科身体合併症病棟60床。
(3)入院形態:緊急措置入院、措置入院、応急入院、医療保護入院、任意入院。
(4)患者数:外来約120名/月、入院約600名/年、平均在院日数約50日。精神科大規模デイケア定員50名。

緊急受診の手順

(1)かかりつけ医療施設のある方
かかりつけ医療施設にご相談ください。
夜間休日など連絡がつかない場合は、精神科救急情報ダイヤル(静岡県立こころの医療センター内:054-253-9905)にてご相談ください。

(2)かかりつけ医療施設のない方
浜松市、湖西市にお住まいの方については、当院代表電話番号(053-436-1251)にご連絡ください。精神科看護師が対応いたします。
その他の地域にお住まいの方については、上記精神科救急情報ダイヤルにてご相談ください。

概要または責任者から一言

最近なかなか眠れない、不安が強い、気持ちが落ち込む、いらいらする・・心の不調には実にさまざまな形があります。

大抵の方はまず「気の持ちよう」などとこらえてやり過ごすことが普通でしょうが、こういうことも度を超せば、家庭生活や社会的活動に支障をきたすようになります。例えば食事が摂れない、パニックになる、無気力で誰にも会いたくない、生きていてもしかたないなどと思う、あるいはひどく攻撃的になるなどですが、時には幻覚や妄想といって、実際にないものが見えたり聞こえたり、奇妙でありえないことを本当のことと確信したり、夢か現実か区別がつかなくて混乱してしまうこともあります。

こんなときに精神科を受診することは、とても勇気がいるものです。だからといってそのままにしておくことは、ご本人にとってもご家族にとっても苦痛なことでしょう。実際やっと受診された時には、皆さんすでに疲れ果てていらっしゃることが多いのです。

そのような困った場面でわれわれのような総合病院の精神科が、窓口としてお役に立てばと考えています。


スタッフ

氏名職位卒年専門領域・認定医・専門医
西村 克彦部長2000年精神保健指定医
日本精神神経学会精神科専門医・指導医
西尾 優子部長1997年精神保健指定医
日本精神神経学会精神科専門医・指導医
日本サイコオンコロジー学会登録精神腫瘍医
日本医師会認定産業医
日本精神科医学会認知症臨床専門医
臨床研修指導医講習会修了
精神科薬物療法研修会修了
精神腫瘍学の基本教育のための都道府県指導者研修修了
電気けいれん療法(ECT)講習会修了
摂食障害治療研修修了
精神腫瘍医コース受講修了
患者の意向を尊重した意思決定のための研修会修了
日本静脈経腸栄養学会TNT研修会修了
JSPEN栄養マスターコース修了
磯貝 聡部長1996年精神保健指定医
日本精神神経学会精神科専門医・指導医
臨床研修指導医講習会修了
老年精神医学
杉浦 一平医長2003年精神保健指定医
日本精神神経学会精神科専門医
色川 大輔医師2007年精神保健指定医
精神腫瘍学の基本教育のための都道府県指導者研修修了
大城 由紀子医師2008年精神保健指定医
電気けいれん療法(ECT)講習会修了
長 由利子医師2010年 
黒宮 恵医師2013年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
黒瀬 直哉医師2015年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
ICLSコース受講
2017年9月4日現在

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?