グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 聖隷おおぞら療育センター  >  お知らせ  >  3号館が完成しました

3号館が完成しました

平成23年12月26日に完成引渡しが行われ、平成24年1月1日に児童福祉施設として50床増床となり、150床の施設となりました。
当初、3号館は2階のみの運用で始まります。
2階には、「ほのか」と「あおば」のゾーンができます。

ショートステイベッドは、平成24年4月から20床での運用となりました。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?