グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2010年9月

2010年9月

2010年9月の情報がご覧いただけます。


リピーター第1号!!

9月23日に、院内助産所たんぽぽでリピーター第1号となる赤ちゃんが誕生しました。「2人目のお産もたんぽぽで」と選んでいただけたこと、たんぽぽ助産師一同大変うれしく思っています。

退院を迎えられる本日、中日新聞・静岡新聞の方が取材にみえました。

※この様子は、院内助産所たんぽぽ「わたぼうし通信」でもご紹介しています。

2010年9月27日


市民公開講座「乳がんのおはなし」

9月4日(土)午後、浜松市地域情報センターにて市民公開講座「乳がんのおはなし」を開催しました。
当日は記録的な猛暑日にもかかわらず、53名の方がご参加くださいました。

地域がん診療連携拠点病院である当院が開催させていただく市民公開講座の今年度のテーマは「乳がん」。外科医長の原田直樹医師より、乳がんの疫学や治療方法などをわかりやすく説明していただきました。

同じ内容で、11月28日(日)午後にも市民公開講座を開催する予定です。会場は聖隷三方原病院 救急棟3階大ホールとなりますが、時間は調整中です。
時間が決まりましたら、院内掲示やホームページなどでお知らせいたしますので、今回ご都合が悪くおみえになれなかった方は、ぜひご参加ください。

11月の講演はこちら(病院学会のお知らせ)をご覧下さい。

2010年9月8日


総合防災訓練

9月1日に行われた静岡県の総合防災訓練に当院が参加しました。

この訓練は、北海道から広島の各病院より57チームのDMATが参加し、県内災害拠点病院への病院支援訓練及び受入れ病院における連携訓練を行うものです。
当院では名古屋掖済会病院のDMATチームを受入れました。

症例毎にメイクを施した14名の職員が模擬患者となり、広域搬送として2名を消防防災ヘリ、ドクターヘリで搬送し、陸送で4名を搬送しました。
もしもの時の広域災害に備えて、真剣な訓練が行われました。


DMAT・・・災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム


2010年9月1日


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?