グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  聖隷福祉事業団創立80周年記念  >  「聖隷との出会いと未来」B3病棟 看護師 中安しおり氏

「聖隷との出会いと未来」B3病棟 看護師 中安しおり氏

「聖隷との出会いと未来」
B3病棟 看護師 中安しおり

 看護師になることは、私の幼稚園の頃からの夢でした。私の姉は幼い頃重い病を患っており入退院を繰り返していました。両親は、我が子が苦しんでいる姿や辛い治療に耐えている姿をみることがとても辛かったといいます。そんな中で、両親が娘を支えることができたのは家族の協力はもちろん、当時の看護師のおかげでもあると今でもよく話します。その姉が入院していたのが聖隷三方原病院でした。
看護師は、姉の身体的なケアはもちろん、私の家族をも支えてくれました。看護師は、病気を治すあけではなく、心のケアをすることもできる。そう思った時、私は自然と将来看護師になることを心に決めていました。

 最初はただ漠然と描いていた夢でしたが、中学・高校と成長していくうちに看護師になりたいと思う気持ちは強まり聖隷クリストファー大学に入学しました。大学生活は想像以上に楽しく苦い思いもたくさんした実習も終え、気付けば1日も休むことなく大学を卒業しました。

 卒業後は迷うことなく聖隷三方原病院に就職しました。私が看護師を目指すきっかけとなった病院で今度は自分の看護を実践したいという気持ちから、この病院で働くことを決めました。大学が近いこともあり実習でも当院にお世話になったため、病院全体の柔らかい雰囲気と他職種の連携による手厚い医療・看護が提供できると確信していたのも理由の一つです。

 しかし、現実はそう簡単なものではなく、教科書で習った通りには行きませんでした。就職して一年数ヶ月が経ちますが、毎日が反省と勉強の繰り返しで、なかなか自分の思う看護を実践できないのが現状です。今自分にできることを精一杯やることが、未来につながっていく。そう思い、今は業務を的確にこなすことはもちろん、院内の研修や勉強会に積極的に参加し、知識を吸収することで、自分のものにしていこうと考えています。幸い、当院では同職種・他職種による勉強会も充実しており、多くの知識を得ることは可能ですが、最先端な医療を実践する現場であるためその範囲は広く今後も継続した努力が必要となります。しかし当院に就職した今、この努力は自分への学びとなるとともに、当院にも貢献できる力となると思います。

 聖隷は創立80年、日本初のホスピス設立、ドクターヘリなど様々なことに挑戦してきた当院。医療はどんどん進歩しこれからも次々と新しい制度などが導入されたり、進化していくことと思います。時代や設備が変わっても、当時私に夢を与えてくださった「隣人愛」を基盤とした温かい聖隷であることは、いつまでもかわらずにいてほしいと思います。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?