グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  聖隷福祉事業団創立80周年記念  >  「聖隷三方原病院の一員として」手術室 看護師 野澤麻衣子氏

「聖隷三方原病院の一員として」手術室 看護師 野澤麻衣子氏

「聖隷三方原病院の一員として」
手術室 看護師 野澤麻衣子

 私が看護師として聖隷三方原病院で働き始めて早いもので3年目となりました。聖隷福祉事業団創立80周年ということで、あらためて偉大な病院で働いているのだと実感します。

 浜松出身であるので、幼い頃から身近な大病院といえば「聖隷病院」でした。私が小学6年の時に母が入院し、学校から帰ると一人でバスに乗って病院に行くといった生活を約1ヶ月続けた思い出もあります。その経験があったからこそ、看護師としての職を選びました。大学は県外でしたが、「必ず就職は浜松で!」といった気持ちを持ち続けて4年間を過ごしました。今こうして聖隷の一員となって充実した毎日を送ることができて嬉しく思います。

 私が配属された手術室は、学生時代の実習でも足を踏み入れたことがなかった場所だったので、初めて職場に行った時は本当に緊張した記憶があります。また、器械の名前や手術の流れなどほとんどが初めて知る内容だったので、不安も多く自分のことで精一杯になっていた部分も多かったです。今でも辛いことや落ち込むことなどたくさんありますが、その度に同期や先輩方に助けられ乗り越えることができ、少しずつ自信ややりがいを感じることができるようになってきました。

 手術は患者さんにとって人生における大きなイベントであり、手術室はできれば足を踏み入れたくない場所といえます。これまでさまざまな手術を経験し、多くの患者さんと関わっていますが、その中で私がいつも心がけていることは「常に患者を第一に考えて行動する」ということです。看護する上では当たり前のことですが、そのことを意識するようになってから、手術室における患者さんとの関わりがいかに大切であるかということが理解できるようになりました。また、患者さんにとって重要な時間を一緒に過ごしているのだという自分の役割の重みを実感するようになりました。手術室看護師は、時に患者さんの気持ちに寄り添い、時に患者さんの代弁者となります。病棟看護師と違って患者さんと関わる時間は短いですが、その中でも意味のあるコミュニケーションで安全・安楽な環境を提供できるようにこれからも心がけていきたいと考えています。

 私が就職してから現在までも、TV・新聞等で度々聖隷三方原病院が取り上げられていたり手術室も4室増室になったりと、どんどん発展しているのが目に見えて分かります。また、設備・教育体制など、患者さんだけでなく職員にとってもよりよい環境が整えられています。

 医療・施設の発展に負けないよう、今後も聖隷三方原病院の一員として患者さんの立場になって考えられる看護師であり続けたいと思います。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?