グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2011年3月

2011年3月

2011年3月の情報がご覧いただけます。


新人導入研修

この3月にそれぞれ学校を卒業したばかりの学卒新人対象に、3日間にわたる入社前の導入研修が開催されました。
聖隷三方原病院に配属された看護職、医療技術職、事務職の新人が集まり、病院の歴史や組織を学んだり、コンプライアンスや接遇について研修を受けました。
近隣の聖隷関連施設を見学したり、広い院内をラウンドし、まだまだ不安げな表情でしたが、4月から一緒にがんばります。

2011年3月31日

自己紹介の場面
同期としてよろしくね

病院周辺の関連施設を見学
(ベテルホーム前)


東北地方太平洋沖地震

3月11日(金)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震におきまして、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当院には、DMAT事務局および静岡県よりドクターヘリ・DMAT派遣の要請があり、3月12日(土)6時32分 DMATチームを乗せたドクターヘリが屋上ヘリポートを離陸。途中、給油ののち、参集拠点である福島県立医科大学へ9時8分着陸しました。

ヘリ積載量を考えながら、
必要であろう物を熟慮して搭載します。

どの地域でも活動できるように
各地の地図を持参します。



救命救急センター長へ現地の様子を報告する
DMAT第一陣の医師・看護師・業務調整員。

福島県・宮城県において活動したDMAT第一陣は、3月15日(火)第二陣に任務を引継ぎ、21時5分帰院しました。

2011年3月16日

ゴスペルコンサート

ホスピス病棟にあるチャペルにて、ゴスペルコンサートが開催されました。
クリスマスに駅前で行われる「はままつ冬の蛍フェスタ」にも参加されていたNPO法人ダイアログ・ネットの皆さまによるもので、今回で3回目です。今回は浜松のメンバーだけでなく、東京支部・大阪支部からもそれぞれ3名ずつ、さらにはプロのゴスペルシンガーとして世界的に活躍されているTAEKOさんもご参加いただきました!

「ふるさと」でほっとしたり、TAEKOさんの曲「ひまわり」で勇気付けられたり、チャペルには歌声が響きわたり、会場の患者さんやご家族は目を閉じて聞き入っていました。

2011年3月2日


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?