グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2011年6月

2011年6月

2011年6月の情報がご覧いただけます。


七夕飾り

毎年恒例の七夕飾りが正面玄関とタリーズ側入口のエスカレーターホールに設置されました。笹は病院敷地内から拝借し、ボランティアさんや隣接する浜名湖エデンの園の入居者さんの手作りの七夕飾りがたくさんつけられました。

6月21日から7月8日まで涼やかな姿が利用者のみなさまにご覧いただけますが、途中で笹が枯れてしまうので、本日笹の付け替えが行われました。
笹の横には短冊とこよりが用意されています。願い事を星に託してみませんか?

2011年6月29日


看護師を目指して

来年の春、看護学校を卒業し看護師・助産師を目指す学生を対象に、就職説明会を開催しています。3月に1回、5月に1回と行い、今回が3回目の開催です。

院内の見学では病棟はもちろん、普段見ることができない屋上のヘリポートやドクターヘリの通信センターなども見学しました。また先輩看護師に不安や疑問を質問し、就職後のイメージを膨らませてもらいました。希望者は午後、希望の科の職場で看護体験を行います。

当院の看護や雰囲気を肌で感じ、ぜひここで働きたいと思っていただければ幸いです。 ※こちらの説明会はあと7月に1回、8月に2回予定しています。

2011年6月26日


新入職員研修

今年の4月に就職した新入職員の宿泊研修が行われました。就職してから新しい環境に慣れるまで、あっという間の2ヶ月を終え少し疲れが出てくる季節です。5月、6月を通して4回に分かれ、職種の枠を越えた同期同士、悩みや喜びを語り合ったり、グループワークやウォークラリーを通し、チームワークの大切さを学びました。

参加した職員は、「もう1泊したかった」というくらい楽しんでリフレッシュできたようです。

2011年6月25日


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?