グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2011年10月

2011年10月

2011年10月の情報がご覧いただけます。


リスクマネジメント講演会

10月は医療安全強化月間として医療安全管理室を中心に、講演会・DVD上映会など様々な職員教育を実施してきました。
リスクマネジメント講演会として初めて他業種の方をお招きして、「遠州鉄道における安全対策」と題して遠州鉄道(株)中野様にご講演いただきました。会場が満員になり、入場できない職員もいるほど盛況な講演会となり、改めて医療安全について考えるよい機会となりました。

2011年10月28日


看護部内定者 国家試験に向けて

 2012年度の春に就職予定の看護部内定者のための内定者会を実施しました。
看護師・助産師は2月にある国家試験に合格しないと、晴れて看護師・助産師として働くことができません。そこで、内定者の皆さんがしっかり免許を取得できるよう、中山かおり先生をお迎えし国家試験対策講座を実施しました。これからの追い込みに気合が入ったと思います。
 また同期となる内定者同士で親睦を深めてもらうよう、懇親会を併せて開催しました。今年は“支えになる同期との合葉を作る”ために、新企画として「自分たちのキャッチフレーズをつくる」を実施しました。
各グループから発表された案の中から選ばれたのは
『めげてもいい!しょげてもいい!泣いてもいい!だって同期いるじゃん』
です。来年はこの言葉を胸に同期で励ましあいながらがんばりましょう。

2011年10月24日


聖隷探検隊

聖隷クリストファー中学の1年生3名が総合学習の一環として当院を訪問しました。その名も『聖隷探検隊』。
まずは緊張しながらも病院長のお話を聞きました。その後、病院の地下に潜入し、入院患者さんの食事を作る栄養課、院内の大小様々な物品を購入する資材課、入院に関するリネンや職員の制服を管理するハウスキーピング課など、普段見ることのない職場を見学しました。ヘリポートではドクターヘリを見学。機体の素材など、専門的な質問を整備士さんに問いかける目はキラキラしていました。
最後にボランティアとして枯れ葉の掃き掃除をしていただきました。とってもきれいになりましたよ。ありがとうございました。

2011年10月14日


心のこもった贈り物

市内の庄内中学校からポットマムをいただきました。
今年は『ジャーマンガーデンマム』という新しい品種にチャレンジし、また台風で心配も絶えなかったようですが、しっかり育ってとてもきれいな花を咲かせてくれています。
いただいた20鉢は早速院内に飾らせていただきました。中学生の手書きのメッセージカードつきで心が和みます。

2011年10月11日


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?