グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2011年11月

2011年11月

2011年11月の情報がご覧いただけます。


岩手県宮古地域の皆さんから心温まるお礼をいただきました

静岡県からの派遣要請を受けた当院のこころのケアチーム(今回は、精神科医師、看護師、薬剤師、精神保健福祉士、事務員の5名で構成)は、4月と5月に岩手県宮古地域で支援活動をさせていただきました。


このたび、「岩手県宮古地域でご支援頂いた皆様へ」というお手紙とともに、感謝の気持ちを伝えたいとの思いから、真心が込められた「木製キーホルダー」を頂戴しました。

さっそく、現地で支援活動に携わったスタッフに手渡すと「私たち、何もできなかったのに・・いただいて申し訳ないよ」、「胸を痛めるような状況を(報告書を作成しなくてはならず)ようやく振り返ることができるようになったところ」、「実は、親に心配を掛けまいと“出張に行って来るね”って言って出掛けたの」等々、宮古地域の方々からの心温まる贈り物を手にしたスタッフから出てくる言葉に、こちらも胸が熱くなりました。


岩手県宮古地域のみなさん、本当にありがとうございました。
これから寒さも増してきますので、どうぞご自愛ください。

2011年11月30日

手作りだから、ひとつひとつ違うんだね

ありがとうございました。


第39回病院学会 開催!

2011年11月27日当院大ホールにて病院学会が開催されました。

日頃の業務の中で取り組んだ研究発表が16題あり、下記の研究が受賞しました。
院長賞 : B5病棟/B5病棟における職場改善・業務改善危険予知トレーニングの導入と効果
総看護部長賞 : 救急科/当院における院内心停止対応の分析と、今後の急変対応システムの検討
事務長賞 : ホスピス病棟/死後の処置から死後のケアへ向けての実態調査
特別賞 :
 F6病棟/がんの親を持つ子どものサポートへの取り組み報告
 聖隷浜松病院地域医療連絡室/地域連携パス運用と地域医療連絡室との関わり-施設を超えた連携体制作り-

午後には、落語家の笑福亭 松枝さんの笑いたっぷりの特別講演、婦人科部長の望月修先生による地域がん診療連携拠点病院 市民公開講座が同時開催され、多くの方に聴講していただきました。

今年で2回目となる写真コンクールは、「希望」をテーマに募集し、たくさんの方からご応募頂きました。本当に有難うございました。作品はF号館1階エスカレーター横に2012年1月6日まで掲示しておりますので、是非ご覧ください。

2011年11月28日

笑福亭 松枝さん

研究発表の受賞者のみなさん


次期導入予定機飛来

奥が現行機、手前が次期導入予定機

屋上ヘリポートに常駐しているドクターヘリ機種が近い将来変更される予定です。
従来の機種より、機体がひと回り大きくなり、振動も少なく安定感が増したそうです。
ドクターヘリの機体のペイントは全国で統一されていますが、次期機体には静岡県のマークと、聖隷マークも入っていました。
テストフライトで飛来したこの日は、病院長、総看護部長、救命救急センター長が試乗し、乗り心地を確認したほか、フライトドクター&フライトナースが内部の広さを確認、導入後をイメージしているようでした。

2011年11月14日

患者さん搬入部を確認

試乗搭乗へ出発!


献血活動

赤十字血液センター様の献血バスが来て献血活動が行われました。
当日はあいにくの雨の中でしたが、30名というたくさんの方が駆けつけてくださいました。

2011年11月11日

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?