グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2012年3月

2012年3月

2012年3月の情報がご覧いただけます。


患者さん向けガイドブック制作中

3月某日、院内会議室で「患者さん向けガイドブック」に使用する写真の撮影を行いました。
患者さん役は、お隣の聖隷クリストファー大学看護学部の学生Kさんです。
当初、病院でアルバイトをしてくれているYさんが協力を申し出てくれていたのですが、残念ながら撮影日は都合が悪く、お友達を紹介してくださったのです。

昨年「携帯型ポンプを使用する患者さん向けガイドブック」を制作した経験もあり、当院のがん看護専門看護師およびがん化学療法看護認定看護師 監修のもと、撮影は順調に進みました。

ガイドブックは、撮影に先行して文字校正を行っています。
患者さんに、正しく・分かりやすく・安心して利用していただけるよう、完成までラストスパートです。


2012年3月16日





原稿と照らし合わせながら進みます

撮影前にちょっとリハーサル


撮影準備で中心静脈挿入中
(K先生ありがとうございます)

まさしく体を張って・・
(点滴ルートを貼り付けます)


千羽鶴をいただきました

お知らせが遅くなりましたが・・・
浜松市立高等学校1年2組の皆さんから千羽鶴をいただきました。

学校の総合授業の地域ボランティアの一環で千羽鶴を折ってくださいました。患者さんとそのご家族への励ましとともに、私たち病院スタッフへの温かい言葉も添えられています。

皆さんにご覧いただけるよう病院1階会計前の「患者さんのための『医学情報プラザ』」入口へ展示させていただきました。どうぞご覧ください。


2012年3月14日


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?