グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2012年7月

2012年7月

2012年7月の情報がご覧いただけます。


夜間火災総合訓練

2012年7月11日院内で夜間を想定した「夜間火災総合訓練」が行われました。
夜間ということで人数の少ない状況を想定しています。
発火場所も職場スタッフには知らせず、火元を探すところから始めました。
緊迫した状況の中、職場のスタッフ、そして応援にかけつけたスタッフも真剣な表情で訓練に取り組んでいました。

2012年7月11日

応援に駆けつけ、避難誘導を手伝います

続々と搬送される患者役の職員


児童虐待防止委員会主催の講演会

2012年7月6日救急棟3階大ホールにて児童虐待防止委員会主催の講演会が
開催されました。
浜松市こども家庭部 児童相談所長 篠ヶ瀬秀哉様を講師にお招きし、児童虐待の現状についてお話していただきました。
医療機関に期待するものとして、虐待を受けたこどもが受診することは多いため、疑いを発見し通告することにより、こどもを虐待から救うこと、またそのために
病院の体制整備や必要な検査をし、受診をした経緯や理由、保護者が医師や看護師に行った説明など的確に記録することが必要と話されました。
また当院 児童虐待防止委員会 委員長より「当院における児童虐待防止委員会の取り組み」も報告されました。

2012年7月6日

医師、看護師、医療技術職など様々な職種が参加

当院における児童虐待防止委員会の取り組みを報告


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?