グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2012年10月

2012年10月

2012年10月の情報がご覧いただけます。


救急医療講演会『ER診療パールズ』

2012年10月19日(金)福井大学医学部 地域医療推進講座 
教授 寺澤秀一先生をお招きし、救急医療講演会が開催されました。
『ER診療パールズ』と題し、救急外来での症例を通じて、
新人や後輩への指導・教育のあり方についてご講演頂きました。
”感情をぶつけるのは教育とは言わない”、
”トラブル発生時が最も良い指導の機会”など、
診療現場のみならず、さまざまな場面において
参考となるスキルが紹介され、医師だけでなく、
さまざまな職種が聴講しました。

2012年10月19日



聖隷探検隊

聖隷クリストファー中学校の1年生が聖隷関連の施設を見学する「聖隷探検隊」。
今年も将来、医療・福祉の現場で働きたいという3名の学生が当院にやってきました。
荻野院長へのインタビューでは緊張した様子でしたが、しっかりとメモを取りながら質問され、
医療・福祉の仕事に更に興味が湧いた様子でした。
その後、手術室・屋上ヘリポートの見学。
最後は病院前「ポケットパーク」の清掃をして頂きました。
今回の経験を今後の学校生活に活かし、夢に向かって頑張ってください!

2012年10月12日

病院長へインタビュー

病院長と記念撮影


屋上ヘリポートで記念撮影

ポケットパークでの清掃の様子


中学校の生徒さんが「ポットマム」を届けに来てくれました!

毎年この時期になると病院の外来が色鮮やかな雰囲気に包まれます。
今年も庄内中学校の生徒さんが「ポットマム」を届けに来てくれました♪
ポットマムとは「小菊の鉢植え」のことです。
心を込めて大切に育てた「ポットマム」を生徒さんが自らの手で
浜松市内の様々な施設に届けてくれます。
この活動は庄内中学校では40年以上も続く伝統行事とのこと!!!
一つひとつの鉢には生徒さんからのメッセージも添えられており、
きっと来院された患者様の心を和ませてくれるでしょう。

2012年10月10日


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?