グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2013年5月

2013年5月

2013年5月の情報がご覧いただけます。


70周年記念誌が出来上がりました

70周年記念誌製作プロジェクト委員長の吉村看護部長

70周年記念誌が出来上がりました。
聖隷三方原病院は、三方原の地で聖隷保養農園から始まり、聖隷保養農園附属病院として設立された長きにわたる歴史があります。
そのため、70周年記念誌のコンセプトを「歴史と継承」といたしました。
記念誌を発行するにあたり、多くの方々からご協力をいただきました。
心より感謝申し上げます。

2013年5月31日

当院の院内職員研修

当院は『聖隷人としての自立した人づくり』を院内研修の目的とし、参加者個人に焦点をあてた(主体的な学びを大切にした)学習者中心の体験学習を技法の中心に研修を実施しています。

昨日5月30日には中堅研修、本日5月31日には2年目研修が行われ、その様子を紹介させていただきます。

5月30日 中堅研修1回目の様子・・・院長や看護部長より中堅職員への期待を語ってもらいました。
写真は院長より中堅職員へ語っている様子と中堅職員より看護部長へ質問をしている様子です。

5月31日 2年目研修1回目・・・2年目職員が考える2年目の役割についてグループディスカッションし、自分の考えを提案できる力を実につけると同時に2年目の役割を理解します。
写真はグループディスカッションとその後の発表の様子です。

2013年5月31日

院長より

看護部長へ質問


グループディスカッション

発表(発表に対しても質問や感想を出します)


献血バスが来ました

ご協力ありがとうございました。

赤十字血液センター様の献血バスが来て献血活動が行われました。
気温も高くなりましたが、35名というたくさんの方が駆けつけてくださいました。
ご協力ありがとうございました。

2013年5月27日

「ボランティの会」緑綬褒章受章

当院のボランティアの会が、長年による社会奉仕活動の功績により、緑綬褒章を受章しました。
設立は1980(昭和55)年。
それまで個々で活動していた有志が母体となって結成し、
以降、月曜から金曜日まで案内係や包帯などの衛生品の整理、ホスピス患者の日常生活援助、花の手入れ、車椅子の介助など、当院の支えとなり尽力されています。
今後とも宜しくお願いいたします。

2013年5月17日

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?