グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2014年2月

2014年2月

2014年2月の情報がご覧いただけます。


災害医療地域医療連携図上訓練

当院で、災害医療地域医療連携図上訓練が行われました。

浜松市役所、保健所、消防、浜松市医師会、病院近辺の自治会の皆様にお集まりをいただき、災害時の状況の確認を行いました。

大きな地図を広げ、避難所や救護所の位置、物品の流れ等々を各機関別に発言をし、情報を共有しました。

最後には、一人暮らしの方が多い地域であること、南の地域ではたくさんの負傷者が出るであろうことを再認識し、災害時に行政・医師会・自治会・病院と連携して災害医療に努めることを確認致しました。


2014年2月28日


リスクマネジメント講演会

“異業種の安全管理を学ぶ”を目的に『浜岡原子力発電所における「安全文化」と「ヒューマンエラー防止」の取り組み』と題して、浜岡原子力発電所 釘本三男様にご講演いただきました。改めて医療安全について考えるよい機会となりました。
136名の職員が参加し、盛況な講演会となりました。



2014年2月21日

ひなまつり

正面玄関とエレベーターホールをつなぐスペースに、今年もボランティアの皆さまにお手伝いいただき、雛人形が飾られました。
華やかな雰囲気に足を止め、じっくり鑑賞される方もいらっしゃいます。

少しずつ春の訪れを感じられるようになりましたが、院内でも春の雰囲気を感じていただけたらと思います。

医療功労賞に当院の臨床心理士高柳さんが表彰されました

長年にわたり地域医療や保健活動の向上に貢献した医療関係者を顕彰する「第42回医療功労賞」(読売新聞社主催、厚生労働省、日本テレビ放送網後援、エーザイ協催)の県表彰式が2014年2月4日、静岡市葵区のホテルで行われ、当院の臨床心理士・高柳弘行さんが表彰されました。
高柳さんは、臨床心理士の資格認定制度が開始される10年以上前から、精神疾患に苦しむ患者さんのケアに務めてきたことが評価され、受賞されました。

2014年2月14日

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?