グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2009年5月

2009年5月

2009年5月の情報がご覧いただけます。


新入職員研修

今年度の新入職員も当院へ就職して早2ヶ月が経ちました。そんな新入職員を対象とした研修が浜名湖ロイヤルホテルで行われました。5月は全4グループのうち、21日~22日(Aグループ)と28日~29日(Bグループ)の2グループの研修が行われました。
新入職員は入社後、新しい環境や職場に慣れることから始まり、初めての仕事を経験しながら学生から社会人へと成長する大変な時期です。この2ヶ月の失敗や成長をグループ内で共有したり、様々なグループワークを通して、明日からの決意を新たにしました。

2009年5月29日


ウォークラリーで問題に挑戦

ウォークラリーで問題に挑戦

チームワークってなんだろう?

チームワークってなんだろう?


静岡県緩和ケア研修会

5月24日(日曜日)に「がん診療に携わる医師に対する静岡県緩和ケア研修会」が当院の大ホールで開催されました。
この研修は厚生労働省の示す「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」に基づき、地域に緩和ケアに関する知識・技術を普及させるための研修会です。当日は、開業医の先生・勤務医の先生が32名参加されました。講義だけでなくロールプレイも取り入れた内容のため、和やかな雰囲気の中での受講となりました。

2009年5月25日
 


緩和ケアに関する講義

緩和ケアに関する講義

ロールプレイも行いました

ロールプレイも行いました


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?