グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  日本医療機能評価認定病院

日本医療機能評価認定病院

日本医療機能評価認定病院のご紹介です。


認定マーク


当院は、(公財)日本医療機能評価機構 認定病院です。

(財)日本医療機能評価機構による病院機能評価事業において、審査の結果、機構の定める認定基準を達成していることが認められ、2002年3月16日付けで(Ver.3.1)認定証を受領しました。

この認定期間は5年間と定められており、2006年度には評価体系Ver.5.0にて認定更新審査を受審し、機構の定める認定基準を達成していることが継続して認められ、認定証を受領しました。

さらに、2011年度には最新の評価体系Ver.6.0にて認定更新審査を受審。審査の結果、機構の定める認定基準を達成していることが継続して認められ、認定証を受領しました。(認定有効期限2017年3月17日)

また、認定病院が受審することのできる付加機能評価のうち「緩和ケア機能(Ver.1.0)」、「リハビリテーション機能(Ver.1.0)」を相次いで受審し、認定証を受領しています。

(公財)日本医療機能評価機構/病院機能評価とは・・・

国民の医療に対する信頼を揺るぎないものとし、その質の一層の向上を図るために、病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を 支援する第三者機関として、財団法人日本医療機能評価機構は設立されました。

その機構が病院を対象に第三者評価をおこない、病院の現状の問題点を明らかにします。その結果機能改善が認められた病院に対して認定証が発行されます。

※2011年4月財団法人から公益財団法人へ移行されました

詳しくは、「(公財)日本医療機能評価機構」ホームページをご覧ください。(別ウインドウで開きます)


当院の審査結果

貴院は、昭和初期に、キリスト教の精神を基本とする社会事業を展開して病院事業に取り組んだ歴史ある病院であり、現在では、医療・福祉・保健の多数の施設を複合的に関連させながら運営する社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷三方原病院として活動されている。国内で初めてのホスピスの開設、また早くから公衆衛生や救急医療、小児・精神科医療などにも取り組まれ、高度・急性期の役割のみならず、重症心身障害児施設やホスピス、救急にも対応している精神科など、経営方針である「この地域にしっかりと根ざし、住民に信頼される病院づくり」を具現化されている。地域医療支援病院、臨床研修病院、災害拠点病院、がん診療連携拠点病院、エイズ治療拠点病院などの機能も有し、ドクターヘリを常駐させている救命救急センターなど、地域における重要な役割を担っている。この様に高度・先端医療から慢性期、長期療養、在宅、心身障害などへの包括的体制は、地域にとって欠くことのできないものとなっている。病院機能評価は2002年に受審され、今回は2度目の更新であるが、その間、付加機能である、緩和ケア、リハビリテーションについても認定されている。このたびの受審にあたり、院長を中心に職員の方々が病院の役割・機能をより充実させ、課題に向けて取り組まれている姿勢は随所にうかがうことができた。多くの項目で極めて高い評価がされているが、今後も、質向上に組織的に取り組まれ、さらなる発展をされることを祈念したい。


詳しくは、「(公財)日本医療機能評価機構」ホームページをご覧ください。(別ウインドウで開きます)

認定証


付加機能評価「緩和ケア機能」

認定病院のうち、緩和ケア病棟もしくはホスピスを保有している施設が対象です。

「ホスピス・緩和ケア病棟の運営」、「患者の尊厳・プライバシーと安全の確保」、「療養環境と患者サービス」、「ホスピス・緩和ケア病棟におけるケアのプロセス」、「人材・資源のマネジメント」の領域において機構が第三者評価をおこない、病院の現状の問題点を明らかにします。その結果機能改善が認められた病院に対して認定証が発行されます。

緩和ケア認定証


付加機能評価「リハビリテーション」

認定病院のうち、つぎのいずれかに該当する施設が対象です。
①脳血管疾患等リハビリテーション料(ⅠもしくはⅡ)の施設基準を取得していて言語聴覚士が常勤している施設
②回復期リハビリテーション病棟入院料(1もしくは2)の施設基準を取得していて言語聴覚士が常勤している施設

「リハビリテーション部門の地域における役割と基本方針」、「リハビリテーション部門の組織体制の確立」、「リハビリテーション部門の適切な運営」、「リハビリテーション部門の施設・設備の整備」、「リハビリテーション対象患者への適切な対応」、「リハビリテーション科の診療とチーム・アプローチ」の領域において機構が第三者評価をおこない、病院の現状の問題点を明らかにします。その結果機能改善が認められた病院に対して認定証が発行されます。

※平成23年7月から評価項目がVer2.0へ変更され、回復期リハビリテーション病棟入院料の施設基準を取得している病院が対象となりました。当院は非該当となります。


付加機能評価「救急医療機能」

認定病院のうち、地域における高次救急 (三次救急医療、もしくはそれに準ずる救急医療) を担うことを役割としている施設が対象です。

「救急部門の地域における役割と基本方針」、「救急部門の体制の確立」、「救急部門の機能の発揮」、「救急部門における質改善に向けた取り組み」、「救急患者への適切な対応」の領域において機構が第三者評価をおこない、病院の現状の問題点を明らかにします。その結果機能改善が認められた病院に対して認定証が発行されます。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?